HOME > 姫先生のおめめ > 宮崎大学名誉教授(臨床心理士)佐藤先生より推薦のことばを頂きました

宮崎大学名誉教授(臨床心理士)佐藤先生より推薦のことばを頂きました

全国の養護教諭の先生や教育相談担当のからご注文をいただいている「HMレジリエンスメソッド!」   このたび、宮崎大学名誉教授 佐藤容子先生より、この教材(質問カード、人生の魔法カード、あるあるレンジャーカード、キャスティングマップ) へのご推薦のことばを頂きました。               ...
詳細はこちら

[最終更新日]2018/04/06

安曇野合宿(HMレジリエンスコーチ養成2期)

HMレジリエンスコーチ養成コース2期 第2講は、秋の安曇野で合宿でした。   参加者は 27名   北海道、山形、新潟(佐渡)、埼玉、千葉、神奈川、愛知、石川、岐阜、山梨、長野、山口、奈良、大阪、徳島・・・・本当に全国からの参加でス。   第2講では、   レジリエンスの授業(行事)コンテンツを作り、伝える相手にパ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/11/08

明日のニュースレターは「過去に執着すると過去を再現する」というテーマです!

明日朝10時発行のハートマッスルトレーニングジムニュースレターのテーマは 過去に執着すると過去を再現する(その1)です ※長文なので2回に分けました。   脳科学と想いの科学に基づいた「生きる力」を育てるための内容をお届けしています!   まだ登録してない方はぜひご登録くださいませ   http://heart-muscle.c...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/11/02

1日世界旅行

    今日は1日、社員研修で 地元犬山市の「リトルワールド」へ行ってきました。     現在、弊社スタッフは5名です。   様々な経歴を持つユニークなメンバーです。   リトルワールドで、1日で世界1周をしながら、楽しみました。   今回は、最近購入した...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/27

中学生にコーチング的思考を!「未来への道を創る」の授業

昨年からモニターとして、保健室コーチングコース受講生の学校で、ピアコーチング事業を行っています。   昨年は、小学校で、今年は、中学校で行っています。   県内のCT中学校では、その第1回目として5月に 「未来へ続く道を創ろう」~可能性を引き出す心と時間の使い方~ というテーマで全校生徒を対象に講演をさせていただきました。   ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/25

そのことが真実になるまでやり続けなさい 

 はじめはうまくいかないことも多くて がっかりしたり 心が折れそうになったり    でも 信じてやるということなんですね。  何を信じるかって、基本は「自分を信じる」です。    自分を信じることができなければ ほかのことも 人も 何一つ信じることができないんだということを    アイシンの二人の先生から ことあるごとに教えていた...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/24

レジリエンスコーチ養成コースのテキスト改訂作業

  土日月と3日間、レジリエンスコース2講のテキスト改訂を行っていました。   2期の受講生さんは、1期とは全く違うタイプの方が多く、   彼女たちにあった形の引き出し方を取り入れた内容に変更するためです。 新しい切り口のヒントは、全く違う分野の視点の中に、あります。   私の場合、ビジネスの本が多いで...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/23

保健室コーチングコース修了生の実践アイディアがすごい!

  保健室コーチングベーシックを受講すると、各地区、期ごとにLINEグループを立ち上げます。   受講中の事務局からの連絡はもちろん、現場で実践する中での質問や実践などが 投稿されます。   最近では、名古屋8期ベーシック生を中心としたLINEグループでの実践交流がすごいです!   学んだことをすぐに実...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/19

小学生の感想「人のせいにするのではなく全責任は自分にあるということを学びました。」

Goo版のブログ「姫先生のおめめ」は 2004年から書き続けている人気のブログです。 時々、こちらのブログでも過去の人気記事を紹介していきます。     今日紹介するのは、2015年7月に愛知県瀬戸市の小学校で講演させていただいた際の   子どもたちの感想と保護者の方の感想の紹介です。     ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/18

保健室コーチングで行う「葛藤の統合」

保健室コーチングアドバンスコースでは 相談者が持っている「マイナスアンカーの鎮静化」や「葛藤」を統合するというワークを学びます。     「本当はやめたいけどついついやってしまう」 「本当はこんな反応をしたくないのに、体が勝手にこんな反応をしてしまう」     など、相反する想いで困っている子っていますよね。 ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/15

TO TOP