HOME > 姫先生のおめめ

HMレジリエンスコーチ養成コース第3講感想⑥ レジリエンス指導案にワクワク

ハートマッスルレジリエンスコーチ養成コース 第3講の感想 その6です。

第3講感想 その1  http://heart-muscle.com/omeme/20170131/

第3講感想 その2  http://heart-muscle.com/omeme/20170201/

第3講感想 その3  http://heart-muscle.com/omeme/201702020/

第3講感想 その4  http://heart-muscle.com/omeme/20170206/

第3講感想 その5  http://heart-muscle.com/omeme/201702027/

 

【N先生・特別支援担当(元養護教諭)・長野県から参加】

3講は合宿ということもあり、

 

今までゆっくりお話したことがない方とも関わることができ、

 

グループの話し合いの時に、気持ちがゆったりして取り組むことができました。

 

その中で、どんな自分も受け入れ価値を感じている状態があればこそ、

 

レジリエンスが高くなるのだとかんじました。

 

でも、そこがまだ自分の中に受け入れていないので、ブレる自分が出てくるのだと思います。

 

自信があるかないかと、やるやらないは別というお話に、

 

 一歩踏み出すという気持ちが少しでてきました。

 

とにもかくにも、自分のことばでの指導案の見直しをしていきます。

 

 

【Z先生・小学校養護教諭・愛知県から参加】

 

いろんなことを学んで、じっくり熟成するまで、時間がかかった感じです。

 

自分の言葉で習ってきたことを表現して、少しは身に付いた気がします。

 

VAKでは、ちょっと暴走した自分もいて、そんな自分にあきれたりして。

 

でも、あの学びがあったから、

 

学校に帰ってこどものVAKを意識して指導をすることができました。

 

指導案、早速作り直しました。

 

指導案もあんなふうに学び作れると、きっと児童に届くものになると思います。

 

いつ、どの学年にしようかと、わくわくしてます。

 

そして、「本来の自分」として関わるってことの大切さを実感してます。

 

今日、指導した児童は、本来とても優しいこだけど、

 

男子仲間の仲間外れになりたくないから、優しさを抑え、女の子に嫌がらせをしていました。

 

その現場に居合わせ、『本来の私が本来の彼と関わる』と設定してかかわってみました。

 

すると彼は男の子たちと馴染みたいため、その子に嫌がらせをしていること、

 

自分はその女子の30%しか嫌な部分がなく、

 

70%はいいやつだと思っていることに気がつけました。

 

そして、6時間目に嫌がらせをしている中心の男子に、注意できたと担任から聞き、

 

驚きました。

 

本来の自分に戻れたんだと思います。

 

さらに悩んでいる若い先生から相談を受け、本来の自分が本来の児童と関わることを話しました。

 

児童の指導にそれが生かされてあるようでした。

 

とても嬉しいです。

 

第4講も自分も人も児童も幸せになるよう、いっぱい学びたいと思います。

 

みなさん、一緒に学んで頂き、ありがとうございました。

 

 

[最終更新日]2017/02/08

TO TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。