HOME > 姫先生のおめめ > 「命を大切に」というスローガンより「生きる価値」をちゃんと伝える

「命を大切に」というスローガンより「生きる価値」をちゃんと伝える

弊社のHMレジリエンスコーチ養成コースでは、

生きる力を高めるための教育実践、授業づくりができる人材を育成します。

 

ハートマッスルトレーニングジムの講座は、人間理解を大切にしたNLP心理学を伝え続けていらっしゃる

(株)NLPラーニング 山崎啓支トレーナーから学んだことがベースとなっています。

 

山崎さんとの出会いは、平成16年です。養護教諭としての保健室でのアプローチに対し

カウンセリングの限界を感じ、悶々としていた頃です。

山崎啓支さんのNLPは、人間そのものの理解を深める学びでした。

土日に必死になって通いました。

 

かなりの自己投資をしました。

 

スキルを学ぶのではなく。人間を理解すること

 

まずは自分と向き合うことで、人間を理解すること

 

自分自身を知ることなく、人を理解することも

 

人と心からかかわることなどできないのだと

 

たくさんのワークや理論を通して学んできました。

そのおかげで、NLPの学びを現場で生かす際、

個別対応だけでなく、授業や保健室経営、職場のコミュニケーション、交渉の場面で立てることができました。

 

そんなNLPの理論を子どもたちのコミュニケーション授業にも生かしていました。

 

2008年2月のブログ記事には、

脳の科学に基づいた「ハッピーになる言葉の使い方、脳の使い方」を

授業で扱った時のことを書いています。

 

生徒の感想も掲載していますので、ぜひ、お読みいただきたいと思います。↓ ↓ タイトルをクリックしてね

生徒の感想から・・・「幸せになってはいけないんじゃないかと思い込んでいました・・・。

 

 

レジリエンスということばが、流行する前から、

私の一貫した課題は「生きる力の育成」

これは、現職中から変わりません

 

保健室コーチングの一番の目的も、「生きる力」の育成のための教師力、大人力のアップ

 

子どもたちの自殺も増えています。

 

「命を大切に」というスローガンもいいけれど

「人生って生きる価値があるよね」「人生は自分で切り開くことができる」と

本当に実感できる教育的取り組みをしていくことのほうが

今本当に必要なこと

だと感じています。

 

全国の学校で 教育の基盤となる「生きる力」を育てる教師が増えていくことが、

希望のある未来を創る大きな一歩と考えています。

 

 

これは、親も同じこと

 

学校批判しても何も始まらない。

 

批判ばかりするのは、生きる力がないから。

 

まずは大人が「人生は自分しだい」ということを学んでほしい

 

体感してほしい

 

それが、(株)ハートマッスルトレーニングジムの願い。

 

生きる力のない大人がどんなにきれいごとを言っても

 

子どもたちの生きる力は高まらないのだ

TO TOP