HOME > 姫先生のおめめ > 解決と変化(保健室コーチングベーシックの内容から)

解決と変化(保健室コーチングベーシックの内容から)

1474086726337 1474184087530p

 

保健室コーチングベーシックコース山口1期が始まりました。

地元山口の方はもちろん 広島県や熊本県からもご参加いただきました。

 

保健室コーチングでは、

 

従来の「悩みへの対応」から「問題を生きるチカラに変える変化」という対応にシフトした

アプローチを行います。

 

第1講では、脳科学理論を、楽しく、現実の保健室や教室でみかける子どもたちのようすとつなげながら

アプローチの視点や支援者のスタンスを検証実験やワークを交えて体感します。
保健室コーチングでは カウンセリングもコーチングも大切な両輪として行います。

その内容は、

相手の感情に寄り添って話を聴いていくという受け身的な対応から

必要以上に落ち込んでしまうもとになる「思考パターン」「ビリーフ」そのものを扱い

内的な変化を起こすというものです。

 

では

「解決と変化のちがいってなんでしょう」

受講生の方にも

質問してみました。(非常に的確な答えが返ってきて素晴らしかったのです!)

 

 

事例にもよりますが

 

学校現場では、

解決はその子の状況とか環境とかその本人以外への働きかけをすることが主となり、

その最後に

本人にも「もっと前向きになってみよう」などの(ことばがけの)指導をしたりする。

という傾向があります。

 

もちろん

これは、これで、教育的対応としてとても大切なこと

 

しかし、本人が
その出来事を「つらい」「苦しい」という出力結果を引き出すもとになった

 

本人の中の思考パターンに着目して、そこに変化を起こさないと

別のシチュエーションで、配役を変えて

同じような苦しみを生み出してしまうことがある。

 

きっとあなたの保健室にも、同じようなパターンの問題を

配役を変えて

繰り返す子どもたちがいるでしょう?

 

保健室コーチングでは、
その思考パターンを脳科学的理論をもとにしたアプローチで

 

「自分のX=Y(ビリーフ)に気づいて」

「別のやり方を考え行動する」

 

 

というチャレンジの支援をします。
コーチングという名前はついていても

カウンセリングとコーチングを両輪として回しながら

アプローチをしていきます。
傾聴も、

「脳科学傾聴」という

 

「思い込みや凝り固まった思考パターン」を解除していくという傾聴をします。

 

 

保健室コーチングは、カウンセリングを否定するものではないのですが、

 

多くの方が、「カウンセリングがいいのか コーチングがいいのか」という狭い視点で

?
考えてしまわれるようでとても残念に思います。

 

 

どちらがいいのか 悪いのか そんなレベルの話をしている限りは、本末転倒なのです。

 

中には、勝手な思い込みで

 

 

受容と共感をしないなんて!と考える方もいらっしゃるみたいです。

 

保健室コーチングは、受容と共感を否定しているのではなく

 

どこのカウンセリングやコーチングのスクールでも教えてくれない

 

本当の意味での「ニュートラル」の状態を科学的に学び、体感し

 

 

受容と共感の本来の意味を

 

 

取り戻したアプローチをするのです。

 

さらに言えば、

 

保健室コーチングは、人間理解、人生リテラシーを扱いますので、

多くの心理学や心理手法、教育的指導法などを包括する

原理原則を扱っているということです。

 

 

子どもたちの内的変化を起こすための具体的な方法を

人間のしくみ、人間理解とともに

学び、実際にワークをし、そうだったのか!をたくさん体験しながら

学びます。

 

第1講を終えた参加者の方からも

「明日からすぐにやってみようと思うことがいっぱいでした」

「脳の理論がすとんと落ちました!」

という感想を頂きました。

 

次のベーシックコースは、名古屋開催です。(2017年1月~3月)

保健室コーチングベーシックコース名古屋8期

 

2日間速習は

 

11月5日6日  秋田県大館市

http://heart-muscle.com/sokusyuu-akita201611/

 

11月19日20日 愛知県瀬戸市

http://heart-muscle.com/sokusyuu-seto201611/

 

12月3日4日  愛知県名古屋市

http://heart-muscle.com/sokusyuu-nagoya201612/

TO TOP