0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

教材注文

【教材】HMレジリエンスボードゲームシリーズ② 福笑い型メタ認知教材/き・せ・かお

ご購入・ご使用にあたっての注意事項

地区の養護部会、学校保健会などで購入し、各校に貸し出す、各校でコピーする、複製するということは著作権違反となりますので、
ご注意ください。あくまで各個人あるいは各学校でのご購入を(地区で的て購入する際は学校数分)お願いいたします。

 

 

一般社団法人ハートマッスルトレーニングジムでは、このたび、保健室や相談室、フリースクールでご活用いただける
「HMレジリエンスボードゲーム4種」を開発いたしました!

このボードゲームは、4種類あります。
子どもたちの心のケアやレジリエンス(生きるチカラ)の育成を目的に企画した楽しい教材です。
この教材の開発にあたり、弊社受講生のコミュニティメンバー(現職養護教諭、担任教師、事業経営者、子育てママ、スクール相談員等)による教材開発チームを結成しました。
このチームメンバーが現場での実践をもとに教材の検証や修正を繰り返した完全オリジナル教材です。

 

1.4つのボードゲームについて

このボードゲームでは、子どもたちが自分の問題、願い、達成したいことを
すごろくトークや感情メタ認知ワークを通して、主体的に考え、自分の内面と向き合えるよう工夫がされています。
科学の教育的活用を推進してきた弊社ならではの脳科学に基づいた
「気づく仕掛け」「楽しめる仕掛け」「行動化の仕掛け」「表現の仕掛け」があり、子どもだけでなく大人も楽しめる教材です。

教材1 きせかお(福笑い型メタ認知教材/感情表現)⇒ 今回ご紹介する教材
教材2 ぼやきすごろく「なんでやねん!」(問題や課題を客観視する) 
教材3(10月発売予定) ほめほめすごろく(自己受容)
教材4(10月発売予定) ドリームすごろく(目標達成のためのモチベーションと行動化)

 

2.福笑い型メタ認知教材/き・せ・か・おについて

〇商品開発の経緯

学校現場、とりわけ、子どもたちの心と体の最前線「保健室」の先生(養護教諭)から、最近、こんな声を数多く聴くようになりました。

「以前から、自分の感情を上手に表現できない子どもが増えたなぁと感じていましたが、コロナ禍で、さらに多くなってしまったという気がする」

「怒っているのか、悲しいのか、悔しいのか、小学校中学年、高学年でもうまく伝えられない子どもがいる。
全部うざい、死ね、むかつく、気持ち悪いなどの単語でしか表現できない。
その<うざい>は、悲しいの?つらいの?怒っているの?と聞いても、語彙が乏しいためか、自分が抱いている感情をうまく伝えられない。」

「感情を爆発させて、しばらく保健室で様子を見ているうちに、少しずつ冷静さを取り戻すというケースが、毎日のようにある。
冷静になるとまったく表情が変わっている。本当は、こんなに素敵な子なのに!と思う。
自分の感情を客観視できるようにするために、何か良い手立てはないだろうか」

こうした現場の声から生まれたのが、「メタ認知教材/き・せ・かお」です。

〇教材開発するうえで大切にしたコンセプト

  • 言語で感情を表現できない子どもたちの内面を視覚化し、大人と子どもが共有できるもの
  • 問題を抱えたときだけでなく、普段の生活の中でも自由に取り組めるもの
  • 子ども自身が、自分の内面に気づくことができこと
  • 子どもたちが遊び感覚で取り組めるもの
  • 視覚化したものを共有し、楽しいコミュニケーションができるもの
  • 大人自身も抵抗なく、自己開示できるもの
  • その教材を使って、カウンセリングもコーチングも両方できること

 

〇商品内容

福笑いのような形式ですが、子どもたちがいろいろな表情を楽しめるように「顔のパーツ」をたくさん作りました。
顔の色も、肌色、赤っぽいピンク、青色と、感情に合わせて選べるようにしました。顔色とたくさんの顔パーツや表現パーツを使って、様々な表情を表現していきます。

  • 顔シート 肌色、パステル系赤、パステル系青(A4サイズ)3枚
  • 表情パーツ(ご購入後、切り取ってお使いください)4枚

合計7枚 + 遊び方

〇活用場面は、無限大!

 

保健室

  • 保健室登校の子どもたちのための自己表現の教材として
  • 問題を抱えてやってくる子どもたちの気持ちの整理に

 

学級

  • 「こんな顔で過ごしたい」「つらい時はこんな顔してます」などのテーマを決めて、表情を作り、発表し合う
  • 教育相談の面談で、「最近の自分」を説明するツールとして活用する(写メしておくことで、保護者や他の教師とも共有できる)

 

フリースクール

  • 子どもたちの自己表現のためのひとつのツールとして

 

学童保育

  • 子どもたちの自由発想の教材として

 

家庭

  • 子どもと親のコミュニケーションのツールとして
  • 夫婦のコミュニケーションツールとして
  • 親自身が自分と向き合うために

 

カウンセリングルーム

  • クライアントの内面の表現のツールとして

 

企業

  • 企業のメンタルヘルスの一環として

 

〇活用のポイント

  1. ツールで何かを聞き出そうとしたり、大人の「正解」に引っ張ろうとすると子どもは抵抗を示します
  2. 普段から、楽しい教材として子どもたちに認識してもらうことが大切
  3. とにかく楽しく使って、笑うこと。心が開いて、初めてお互いの信頼関係ができます
  4. 使い方は自由です。いろいろなアイディアで子どもたちの心を解放させてあげてください

 

〇商品使用イメージ

開発チームの方々が実際に子どもたちにやってもらった画像はこちらです。

 

子どもたちが作った表情

3.ご購入の方法

(1)単品で購入する方法

 ぼやきすごろく、きせかお、ほめほめすごろく、ドリームすごろく 各1,580円
   

(2)セットでまとめて購入する方法

  セット価格 5,800円      

こちらから→ https://heart-muscle.com/post-22463/

 

 

《禁止事項》

  • すごろくは、第三者への貸し出し、複製、複写しての譲渡等はできません。公費の場合は、学校内、スクール内での使用に限定してください。
  • 教材を写真付きでネット上(学校HP、個人ブログ、Facebook、SNSなど)に投稿する際には、教材の画像データをネットに掲載することはお控えください。
    ※ただし、実践の様子など、風景などの一部分となっているような写真に関してはこの限りではありません。
  • 地区の養護部会、学校保健会などで購入し、各校に貸し出す、各校でコピーする、複製するということは著作権違反となりますので、ご注意ください。
    あくまで各個人あるいは各学校でのご購入をお願いいたします。地区で購入される場合には、地区全学校分をご購入ください。
  • 著作権をご理解いただき、公正に活用していただけるようお願いいたします。

 

 

hm39

【教材】HMレジリエンスボードゲームシリーズ 福笑い型メタ認知教材/き・せ・かお  (hm39)

定価(税込)
¥1,580
販売価格(税込)
¥1,580
在庫状態 : 在庫有り
数量

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想