HOME > 姫先生のおめめ > 全国保健室コーチング研究大会 他では聞けない実践発表の概要

全国保健室コーチング研究大会 他では聞けない実践発表の概要

第5回全国保健室コーチング研究大会(春の実践発表会)を開催します。

 

今回は1日日程で、保健室コーチング資格コース修了生が脳科学を取り入れた教育実践を発表します。

 

他では聞けない画期的な実践事例ばかりです。

 

すぐに取り入れることができる教材や児童生徒保健委員会の活動、ソーシャルスキル教育との組み合わせ、現場教員へのスクールコーチングなど

非常に興味深い事例を聴くことができます。

 

今回は、発表の後、それぞれの発表者と身近な意見交換などができます。

 

ぜひお越しください。

 

<実践発表概要>

愛知県瀬戸市立小学校 養護教諭:小田和子
『HMレジリエンスメソッドを使って進める心の健康教育~脳と心のしくみを知り、自他理解を進める活動を通して~』

※ソーシャルスキル×構成的グループエンカウンター×保健室コーチングの画期的実践が発表されます。実践の素晴らしさも、秀逸ですが、何より子どもたちの変化が手に取るようにわかります。

 

三重県志摩市立中学校 養護教諭:郷さほ
『私の行雲流水(こううんりゅうすい)的保健室コーチング』

※保健室コーチングで学んだ脳科学概念を活用した興味深い教材や掲示物、子どもたちが楽しみながら自分と向き合うツールなど、すぐに取り入れたくなるアイディアを、惜しげもなく公開します!

 

愛知県瀬戸市立小学校 養護教諭:太田久美
『心のふれあい週間の取り組みを通して~つかみはOK!保健委員から広がる心の健康~』

※ベテラン養護教諭として、長年取り組んできた児童保健委員会の発表活動。最近の台本は、保健室コーチングで学んだ子どもたちの生きる力を育てる脳科学がふんだんに盛り込まれています!これなら、できる!と思えるネタが満載です。児童生徒の保健委員会活動にお悩みの方、必見!

 

保健室コーチングトレーナーアソシエイト/たじみわくわくスクール代表:毛利恭枝
『学校におけるレジリエンスコーチの挑戦 ~先生方へのアプローチについて~』

※元養護教諭で、現在保健室コーチングの研修講師として全国で活躍する傍ら、公立高校で非常勤のスクールコーチ的存在として先生方の授業や学級経営、心の健康のコーチングをしている毛利コーチ。実際に、HMレジリエンスコーチとして、先生方へのどのような実践をしてきたかを聴くことができます。このような基調は実践発表は、あまりないのでぜひおきき逃しなく!

<第5回全国保健室コーチング研究大会 開催要項>

 

・日時 :H30年3月4日(日)10時~17時

・会場 :愛知県名古屋市 東桜会館

・会費 :全保コ会員4,000円  / 会員以外5,000円

・受付期間 :受付12/11(月)~締切2/28(水)(年末年始12/28~1/8休業)

・定員: 60名

 

 

チラシとFAX申込用紙は ↓

http://hoken-coa-joint.net/wp-content/uploads//2017/12/zenhoko2017-3.pdf

TO TOP