HOME > 姫先生のおめめ > 心をつないでくれる人たち

心をつないでくれる人たち

スケジュール管理とタイムマネジメント講座 山口会場が無事に終了いたしました。

 

講師を務めてくださったのは、保健室コーチングトレーナーコース修了生の

和田美代子先生

 

  

 

スケジュール管理とタイムマネジメントを受講され、日々実践され、

 

基本的な概念をもとに、ご自身の工夫をされてきました。

 

今年、スケジュール管理とタイムマネジメント認定講師として、登壇してくださいました。

 

今回の講座では、現場で実践されてきたアイディアも取り入れて、より実践的な内容を伝えて下さいました。

 

私の想いをしっかりと受け継いでくださる方の存在のおかげで

より多くの教育現場の方々に、これから必要な原理原則、考え方を伝えることができます

 

千葉会場を担当される 豊野先生もアシスタントで参加!

スケジュール作成のためのマインドマップの活用方法をご紹介くださいました。

 

 

◆参加された方々の声を頂きましたので、ご紹介します。

O先生(高校養護教諭)

昨年は育児休暇明けで、数年ぶりの健康診断で、バタバタしてしまいました。来年度は各健診でやることをチェック表にしておいて。。。と表を作り始めていたところでした。でも、あーあれもあるこれもある、という状態だったので、まずマインドマップしてみたらいいな!ととても参考になりました😆

私は、普段から時間軸のついた手帳(バーチカルというのですかね)が苦手だったのですが、講座で時間軸のあるウィークリー、1dayを記入してみて、そんなに時間かけなくてもいいことにたくさん時間を使って、忙しい忙しいと言ってるなー、そもそもこの時間内にこれをやろう、ではなくて、今日できたらやろう〜だめなら明日、と、「時間を管理する」ということさえできていなかったなと気付きました。自分なりの手帳、なんとか三学期がんばってやってみます。この時期に開催してくださって、とっても良かったです。

 

再受講 Y先生(小学校教諭)

講座楽しかったです。
・駅から近い会場設定だったこと
・アシスタントの宮本さんのお食事場所案内しますよ~が、親切で嬉しかった。
・最初のアイスブレイク導入で和気あいあい、基本理論で手帳のやり方伝えたのが良かったです。紙芝居もよかったです。
・今回からテキストになったのでよかったです。

頭の硬い私は昨年はとりあえずやってはみたけど、悪い意味での自分流が崩せなかったけど、今年は自分流にアレンジしながら取り組んでみたり、変なこだわりを捨てれたので、自分の変化を感じました。自分の課題振り返りや1年の計を立てるという意味で、この冬の時期に毎年スケジュール管理講座受けたいなあ〜、講座やってほしいなあ〜って思いました。マインドマップアプリの紹介は、男性や若い子達にはいいなあと思いました。先生方によって、特徴が出ると思うので、手帳マニアな私は、他の先生方のもきいてみたいと思いました

 

再受講  M先生(小学校養護教諭)

去年は少しチャレンジしてそのままになってしまっていましたが、昨日聞いて、やっぱりやってみようと思いました!和田先生のオリジナル手帳もとても参考になりました✨ マインドマップは去年もとても苦手で、今回もなかなか進みませんでしたが、アドバイスもいただき、少し書き方が分かったような気がします。私もこの時期にこの講座があるっていえのは、やすらあさんと同じでいいなと思います。新年度に向けて、心の準備ができます✨ありがとうございました❤

 

再受講 N先生(小学校養護教諭)

講座はとても楽しい時間で、元気になることもでき、大満足で帰路につきました!帰宅後…講座で書いた月間、週間によって、迫っている期限に脳が動き、早速、行動できている自分にニヤリとしちゃいました。

和田先生の試行錯誤された手帳を惜しげもなく見せてくださり、その内容はもちろん、オリジナルの素晴らしさや利点、楽しさまで伝わってきて、たぶん、みなさん、オリジナルを作りたい!と思ったと思います。マインドマップのアプリも私にとっては大収穫!夜、続きを作成しましたが、アウトプットすることで、頭の中が整理されたり無駄が省けたりして、本当にスッキリ!自由に動かせるのもノンストレスですごくいいです!本当に素晴らしい講座をありがとうござい

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハートマッスルトレーニングジムの「スケジュール管理とタイムマネジメント」は、

自分の時間管理のまずさやへたくそな段取りによる

無駄な時間、手際の悪さを克服すべく

さまざまな手帳術、スケジュール管理に関する書籍などを読み

自分なりに検証して考え出したオリジナルです。

 

現職中から、いろいろな手帳を使ってみたりするのですが、

どれを使っても、しっくりこない。。。

そんな体験を何年も繰り返し、

本気で何とかしなくてはと取り組んだのは、実は、自分が事業を立ち上げてからでした。

結局、自分の癖や仕事の内容、自分の行動パターンにフィットする手帳は

オリジナルで、自分で創るしかないと言う結論に達し、それを使い始めてから

自分の仕事の能率も成果も大きく変わりました。

 

このスケジュールや時間管理、段取りのためのアイディア、原則を

ぜひ養護教諭の先生にお伝えしたいと始めたのが

「スケジュール管理とタイムマネジメント」の講座の始まりです。

 

この講座では、自分のビジョンと日々の仕事をつなぐという考え方、

スケジュールと時間管理の違い、

年間、月間、週間、デイリーのリンク方法

A4用紙1枚で作成する段取りシートなど

基本的で本質できなことを取り上げます。

 

そして、

講座終了後は、それぞれの人たちが自分の仕事の内容や行動パターン、

生活リズムに合わせて、柔軟に応用していただくことを考えての

基本シートをおわたししています。

 

ここ数年

この講座を受講したレジリエンスコース修了生が、基本的な考え方をもとに

それぞれのオリジナルを生み出してくれるようになりました。

 

その方々が、講師として登壇し、全国の養護教諭の先生や教育現場の先生方に

その概念と手法を伝えて下さることになりました。

「想い」をつないでくださるみなさんに感謝です。

 

TO TOP