HOME > 姫先生のおめめ

保健室コーチングとは?をシンプルに説明します。

保健室コーチングがじわじわと口コミで広がって

 

 

興味を持ってくださる方が増えてきたのを実感しています。

 

 

実際、全国の養護教諭研修会で「保健室コーチングの話をしてほしい」という

 

 

ご依頼が、急激に増えてきました。

 

 

 

この事業を立ち上げて9年。

 

 

最初は、理論を長々と話していたのですが、

 

 

今は シンプルに答えることができるようになりました。

 

 

保健室コーチングは、保健室での子どもへのアプローチ(特に精神面)で、

 

教育的成果を出すためのもの。

 

 

一言でいうと

 

 

「悩みのへの対応」というアプローチから、レジリエンス(しなやかに生きる力)を高めるアプローチへのシフト」

 

 

話を聴いてあげることはできるけど、

 

その先どうしていいのかわからない!という先生方にとっては、

 

目から鱗のコンテンツです。

 

 

さらなる特徴として

 

 

「スキルの習得以上に、スキルが機能するための状態管理法を徹底的に学び、それにより、受講生の日常の様々な場面でこれまでとは違う変化を起こす」

 

 
「受講生自身が持つ仕事や人間関係の悩みや行き詰まりに対し、独自のワークを行い、自分自身の思考パターンに気づく。」

 

 

これは、自分の仕事や人生における悩みや課題の克服につながり、

 

結果、それは、自分のアプローチへの影響力となります。

 

 

コーチングという名前がついていますが、

 

カウンセリングをないがしろにするものではありません。(勝手にそう思い込まれている方もあるようです)

 

 

むしろ、コーチングもカウンセリングも、従来の心理学も束ねる

 

人間理解そのものを深めるのが 保健室コーチングです。

 

 

これまで、抽象的なことばで語られてきた

 

 

受容と共感、ニュートラル、寄り添う、見守る、相手を信頼する、ラポールなどの

 

本質的な意味を理解します。

 

 

きれいごとのコトバで語られるこれらのコトバですが、

 

実際にニュートラルの状態とは何か、

 

受容とはどういう状態なのかを具体的に教えてくれる教室は、

 

ほとんどありません。

 

 

保健室コーチングは、基本的に「楽しいワーク」を通して、

 

それを理論的に体感で気に学ぶことができます。

 

 

機会を見て、実際に受講した方々の変化についてご紹介します。

 

 

[最終更新日]2016/09/30

TO TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。