HOME > 姫先生のおめめ > 保健室コーチングアシスタントのススメ

保健室コーチングアシスタントのススメ

IMG_0807  20160820_112746

 

 

保健室コーチングベーシックコース東京3期にアシスタントとして、講座を助けて下さった

 

保健室コーチングトレーナーアソシエイト Tさんが、

 

全日程でアシスタントとして感じたことを、まとめてくださいました。

 

Tさんは千葉県在住の高校養護教諭の先生。

 

 

数年前に、弊社の「養護教諭のための問題解決力講座」に参加されたことがきっかけで

 

 

保健室コーチングを学び始めた方です。

 

以来、関東地区での保健室コーチング普及にご尽力いただき、

 

 

第2期の東京ベーシックの開催に関しても、ご協力を頂いてきました。

 

 

2期のベーシックは わずか6名でしたが、

 

 

第3期は、なんとその3倍の18名の方が参加してくださいました。

 

 

本当に、仲間の力は大きいです。

 

 

保健室コーチングは、修了したコースによって、

 

無料でアシスタント参加ができるシステムを採用しています。

 

 

その理由は、主に3つ。

 

 

その1:

保健室コーチングは常に進化しているので、修了生には、最新の内容に触れてほしいから

 

 

その2:

アシスタントという立場を体験することで、受講生が変化をしていく様子を、客観的に見ることができること

 

 

その3:

同じコースでも、集まった受講生によって「場」が大きく変わり、そこで起きるライブに立ち会うことで、自分の学びがさらに深まること。

 

 

アシスタントは、出しゃばりすぎず、特別意識を持つわけでもなく、

 

受講生と上下関係があるわけでもなく、

 

 

場を整える、大切な役目です。

 

 

多くのコース修了生にアシスタントとしての立場を体験してほしいです。

 

以下、T先生の感想をご紹介させていただきます。

 

【感想】

6月から8月までの6日間、私の地元での開催とあって、

 

盛り上げたいという気持ちからすべて参加しました。

 

自分が4年前に千葉でベーシックに参加した時は、5人~6人だったので、

 

3倍近い参加人数に大変嬉しく感じました。

 

受講生は、地元だけでなく、遠方からも参加してくださり、

 

保健室コーチングが広まってきていることを実感しました。

 

 

ひめ先生の講座も、常々感じていることですが、進化&深化していて、

 

アシスタントとは言え、半分受講させてもらいました。

 

そして、思うのは、アシスタントのすすめです。

 

アドバンスを終えても、ぜひアシスタントに参加して、そこからがまた学びの機会、

 

他の受講生の様子をみることが、

 

さらなる保健室コーチングの深化した学びになるのではないかということです。

 

残念ながら、人は忘れます。

 

自分が使いやすいワークなどは、使っているので、覚えていても、

 

忘れているワークが出てきて、アシスタントをして、

 

このワークやったなあーと思い出し、再び使ってみようと思い起こさせてもらいました。

 

 

今回、養護教諭以外の受講生も多く、バラエティーに富んだメンバーでした。

 

しかし、根底はつながっていて、共感できる部分を持ち合わせた方が多かったように思います。

 

感極まって泣く方が出てきても、場の雰囲気が良かったなあーと思いました。

 

 

安心感があるといった感じです。

 

 

年齢や住んでいる県は違っても、学びあった同期の仲間の絆は強いので、

 

ぜひ継続して学び合って欲しいと願います。

 

そして、そのために、また私も協力しますし、一緒に学ぶ姿勢でいたいと考えています。

TO TOP