HOME > 姫先生のおめめ > コミュニケーション徹底改善WSで最新理論を紹介します

コミュニケーション徹底改善WSで最新理論を紹介します

7月2日に、コミュニケーション徹底改善ワークショップを開催します。
このWSでは、心理学とかコミュニケーションスキルではないもっと根本的な部分の理論と実践をお伝えします。
 

コミュニケーションスキルをお伝えするのではなく、
実際の日常で起きている「うまくいかないな」と感じている場面や
「なぜかいつもこうなるな」というシチュエーションを取り上げて、

 

無意識レベルで起きている真の原因、自己パターンを掘り起こします。
これがわかって、初めてみなさんがこれまでに学んだスキルがよりよい効果を発揮します。
深い内容を楽しく紐解いていくのが ハートマッスルTGの講座の特徴です。
 

ぜひ、気軽に参加していただければ、楽しさの中に、「ええええ!そうだったの?」 の発見や「つながった」という感覚を得ていただけます。
 

さらに、今回は、5月の仙台、6月の名古屋の波動ワークでは、これまで理解し体系化して来たものをさらに深く、理論付けて実践的(つまり現実での現象と結びつけて)に学ぶことができました。
 

7月2日のワークショップでお伝えするコンセプトはそのままで、この6月にゲットした最新の脳科学と思いの科学の情報を、コミュニケーションパターンという視点でまとめ、理論とワークとして提供いたします。
 

・大脳皮質(大脳辺縁系)と大脳新皮質との関係性。
・受精から誕生までの胎内での進化とそこにあるノイズとコミュニケーションパターンの関係

・様々な恐怖がもたらすコミュニケーションパターン
 

など、実践を交えて体感し、ご自身のパターンを知り、それを解除する方法を体験していただきます。
 

みなさんがこれまで学んでこられたコミュニケーションスキルを
「想いの科学」で再構築し、本当の意味で機能するための大切な概念をワーク中心で体感します。

 

頭でわかるでのはなく、楽しいワークで「ああ、こういうことだったのか!」
「無意識にやっているこれが、コミュニケーションの中で起きていたのだな」
を体験しましょう。

 

学校の先生方、特に養護教諭の先生方は、ご自身だけでなく子どもたちのコミュニケーションパターンや親子間のコミュニケーションの理解、病気になりやすい教師のタイプなど、最新の情報も体験を通して理解していただけます。

 
詳細は↓

うまくいかない本当の理由が分かる!コミュニケーション徹底改善ワークショップ

TO TOP