HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 講演・研修事業

小学生向けピア・コーチング事業「友だちコーチング」2回目 児童の感想

瀬戸市東明小学校 養護教諭太田久美先生との 2回のコラボ授業が終わりました。

第1回目の感想 ⇒ http://heart-muscle.com/omeme/2016peercoachingkansou/

児童のみなさん(5,6年生)の感想をアップしました。

 

5年生

 

ちょこっとずつ、やれることを考えるということが大切なことだとはじめて知りました。これからは、ちょっとずつやれることをやっていこうと思いました。

 

◆友だちコーチングをうけて、これから役にたつと思いました。これから使っていこうと思います。

 

◆ぼくは、はじめてスモールステップコーチングを知りました。これからも覚えていたいです。

 

◆スモールステップコーチングのやり方があることに、びっくりしました。そのやり方でいろんな人とやってみたいと思います

 

◆私が4年生の時、久美先生に「たい」「ます」言葉を教えていただいて、今まで目標をたてる時は、気をつけました。これからも、今何点か、「たい」「ます」に気をつけて目標を立て「ます」!

 

◆友だちコーチングの授業を2回受けて、ものすごく楽しかったです。なぜかというと、スモールステップコーチングを友だちとしていたら、自然と笑顔になったからです。また友だちコーチングをやりたいと思いました。

 

◆どんなことも急にはやらず、ゆっくりとこうていを重ねていくことが大切なんだなと思いました。

 

◆2回目の友だちコーチングで、大きな目標は、一つ一つクリアしていって、その目標に近づけばいいのだとわかりました。ぼくも一つ一つクリアして目標にむかいます。

 

◆「たいよります」のことがよくわかりました。友だちが質問に答えた後に、「すごいね。なるほど・・・」などと言い、ほめるということがわかりました。

 

◆「たいよります」が心にひびきました。す」だったら、もう決心がついているからと、ひめ先生がそういうふうに言ってくれたからです。あと、自分が困っていることを他人に言うとすっきりしました。

 

◆今度目標を決める時、今日やったことを使ってみようと思いました。

 

◆友だちがこまっている時に、話を聞く時に、「だめだよ。」というのではなく、話を聞いてあげて、ほめてあげることが大切なんだと思いました。

 

6年生

 

◆私はこの授業を受けて、すごくたくさんのことが学べました。その中でも一番心の残っていることがあります。それは、「友だちへの声のかけ方」ということです。友だちへ、「どんな話し方がいいのか」「困っている時にどんな対応をすればいいのか」学べました。これから中学校へ行き、新しい友だちもできると思います。このことを頭に入れて、もし困っている友だちがいたら、やさしく対応してあげたいです。

 

◆友だちコーチングをやって、1点あげるためには、小さなことからやると言うことがわかりました。相手に、どうはげましたりすればいいかもわかりました。これからは小さなことからやっていこうと思いました。

 

◆実際にコーチングを友だちとしてみて、目標に直結させるのではなく、1点あげるためにどうするかを考えることが大切だとわかりました。

 

◆私はコーチングの授業を受けて、目標の「1点だけ上げるためには…」という考え方がとてもすごいと思いました。日常生活にかくれている、目標のヒントを「1点だけあげる。」というところでみつけることができました。

 

◆ぼくは、友だちコーチングの授業を受けて「イチローだからできるんじゃない。イチローでもできるからみんなもできる。」という言葉が心に残りました。ぼくも、小さいことから、こつこつとやっていきたいです。

 

◆2回目の心の授業を受けて、友だちコーチングをして1点あげていくにはどうするのか、10点はどうなっているのか等を話し、よくわかりました。

 

◆今日の授業をやって、自分の目標達成までを、小さなことに分けて、少しずつやっていけばいいということがわかりました。これから目標を達成しようと思う時が多くなると思うので、今日ならった、スモールステップを使っていこうと思います。

 

◆授業をやって、私が思ったことは、最初から大きな目標じゃなくて、小さいことから積み重ねていって大きな目標・夢にたどりつけるんだな~と思いました。

 

◆目標を達成するには、目標のまだできていないこと、どうすると達成できるかと考えると解決するのがすごいと思いました。

 

◆私は、1点上がろうとすると、10点を目標にしてしまうので、あきらめてしまいます。でも、少しずつ目標をクリアしていけばできるということがわかったので、とても勉強になりました。友だちの目標へのすすめ方もしれたのでよかったです。

 

◆私は、いつもその目標に届くため、2点3点とあげようとしていました。しかし1点ずつ、少しずつ近づいていくことが大切だと気づけました。

 

◆私は、友だちコーチングをして、自分の目標がいろんなところにつながっていることがわかりました。そして、1点あげるために何ができるかをもっと考えようと思いました。

 

◆私は友だちコーチングをする時のやり方がわかりました。なので、中学に行っても生かせるようにしたいです。

 

◆目標を達成するには、いちから考えていくこと大切なんだなと思います。いちから目標を立てて、それに積み重ねていくことで達成できることがわかりました。何かを解決する時も、本当にあったことなのかなど、よく考えれば解決していけることを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

TO TOP