0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

講座申込

満席!【講座】教員同士のいじめ問題解決ワークショップ

どうしても、うまくいかないあの人との関係を変えるには?

 

教員同士のいじめが、取りざたされています。

神戸で起こった事件は、極端な例ではありますが、それに近いようなことは、実際、現場で数多く起きているのではないでしょうか?

弊社では、これまで、保健室コーチングのコースを開催し、多くの養護教諭、教員の方々の

日常の問題や悩みに触れてきました。

その中で、人と人とのかかわりにおける無意識のコミュニケーションや

その人の内側の状態が、様々な人間家系に於いて影響していることをお伝えしてきました。

そして、多くの受講生さんが、

「苦手だった同僚や上司との関係が好転した!」

「職場の中でいつもびくびく自信がなかったのが、自分らしく堂々としていられるようになった

という変化を起こしています

 

そこで、緊急開催企画として

現在、同僚から人間関係でのトラブルや同僚からのいじめと感じられるかかわりに悩んでいる先生や

そんな悩みを打ち明けられている先生方を対象に、

「教員同士のいじめ問題解決セミナー」を開催することにしました。

 

保健室コーチングでお伝えしてきた自分の状態の整え方や

人との関係性の中で動く無意識のコミュニケーションなど中心としたワークショップ型研修です。

 

基本スタンスは

「いじめはなくならないけど、いじられない体質(極性)をつくることで

いじめが成立しなくなり、結果としていじめが少なくなる」

 

つまり、いじめられやすい体質(極性)そのものを変えていくこと!

それによって、先生方が本来持っている情熱や能力を、十分発揮できるようにすること」

 

情熱と能力のある先生に、日本の子どもたちの為に、その力を存分に発揮してほしいのです。

 

 

<こんな悩みがある方>

→職場内の力関係に悩んでいる

→自分にだけ冷たくされたり、ひどい言葉をぶつけられる

→攻撃的な対応をされる

→職場の人間関係に悩み、精神的に参っている

→人間関係に悩む人に相談を受けている

 

<当日の内容>

保健室コーチング資格コースの中で

「状態管理」「無意識コミュニケーション」としてお伝えしてきた内容をアレンジし、

3時間の講座としてお伝えいたします。

講座では以下のことを中心にワーク中心に展開します。

・人間関係の中で起きる上下関係にある無意識の想いの影響

・攻撃する人、される人の関係性に見られる特徴

・攻撃する人の特徴とそのかかわり方

・自分の状態を整え(状態管理)、影響を受けなくする方法

 

<このワークショップの特徴>

状態管理とは、知識やスキルを使う前に、自分の内側を整えることがとても大切だという概念です。

多くの人が、コミュニケーションというと、「スキル」「やり方」「ノウハウ」を身につけて、

それを使うことで対処しようとします。

 

しかし、どんなに、ノウハウを学んでも、使いこなせなかったり、うまく機能しないことは多々あります。

 

それは、コミュニケーション=言語のやりとり と考えていることが原因の一つです。

コミュニケーションは、非言語の部分(ノンバーバルコミュニケーション)でも起きています。

本音は、非言語に現れ、その本音を創り出しているのが無意識にある「想い」です。

多くのコミュニケーションスクールでは、非言語コミュニケーションについては触れていますが、

無意識の想いの影響については、具体的にどうしたらよいのかを伝えていません。

 

たとえば・・無意識の上下関係をもっていて

あの人は、自分よりすごい人、逆らってはいけない人」という思いがあれば、

それは見えない波となって相手に伝わります。

 

すると、相手は、突然、上から目線になってものを言い始めるということがあります。

講座では、疑似でシチュエーションを作り、状態管理をすることで、相手との関係性が変わる、

という体験をします。

 

大切なのは、自分が無意識にやってしまってるパターンに気づくこと

そこに気づいて、初めて自分のくせを治すことができます。

 

もう1つの概念として、いじめる人といじめられる人は、

同じ性質を根底に持っていて

中心をまたいで、左右の同じ位置にいます。

いじめる側が、孤立。いじめられる側が、孤独という対立構造などもあります。

 

その他、攻撃的特性を持った人というのがいます。

 

自分が特別であると感じ、上司であろうと、同僚であろうと上から目線で攻撃をします。

神戸の事件でも、女性校長先生は、首謀者のお局様に関して

「手に負えない」と感じていたのではないかと思われます。

 

自分が思い込んだストーリーに、過去の断片的な出来事をつなぎ合わせ、

執拗に攻撃する人のターゲットになると、

やられた相手は、自分が悪いのかもしれないと思いこまされ、

メンタルをやられる人もいます。

このようなタイプに対しての関わり方などもお伝えしようと思っています。

 

今回は、初開催でもあるので、少人数でお一人お一人の悩みをお聞きしながら、

疑似的状況を作り、ワークを取り入れて、具体的な方法などをお伝えしていきます。

 

 

 

 

開催日時 2019年 12月22日 13時半~16時半
会場 ■名古屋市中小企業振興会館 

地下鉄桜通線 吹上駅より徒歩5分

受講料 保健室コーチングベーシックコース修了生  1,000円

その他の方 3,000円

■キャンセルポリシー
お申込前に必ずご確認ください。
◎キャンセル料
・講座3日前~当日:受講料の100%
・講座4日前~7日前:受講料の10%

定員 10名
講師 桑原朱美

(主体的人生を構築する人材育成トレーナー/株式会社ハートマッスルトレーニングジム代表取締役/保健室コーチングマスタートレーナー/NLPマスタープラクティショナ―/フューチャーマッピングファシリテーター)

 

毛利恭枝

「クリエイティブ・エデュケーション」の提唱者/教育戦略家/元養護教諭/認定保健室コーチングトレーナー/HMレジリエンス上級コーチ/

 

▼講座お申込

hm01_0052

満席となりました!【講座】 12/22 教員同士のいじめ対策ワークショップ  (hm01_0052)

注文番号タイトル(定価)販売価格(税込)
在庫状態数量単位 
保健室コーチングベーシックコース修了生(¥3,000)¥1,000
売り切れ売り切れ
それ以外の教員(¥3,000)¥3,000
売り切れ売り切れ

開催のエリア: 愛知県
曜日: 日曜日
対象者:教員限定

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想