0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

桑原朱美公式ブログ

受け容れるとは●●の大きさのこと

 

今日のテーマは
『受け容れるとは●●の大きさのこと』です。

2013年の夏。

あちこちで講座や講演をしているうちに
体がガタガタになり
夏だというのに体が冷え切ってしまうことがありました。

「この状態、やばい!」という感覚になり
地方での講演の帰りに、ルート変更して
赤坂の師匠のところに飛び込みました。

たくさんの人と関わることで
いろいろな影響をまともに受けいていた時期でした。

人の想いというのは
見えない波となって影響を出します。

相手から発せられるものも見えないのですが、
その見えないものに反応する
そして、自分の中のものも見えません。

当時はまだまだ、自分の器の容量もとても小さく
あらゆるものに対し反応が起きていました。

この人、腹立つわとか、いやだなとか
そういう「心理」的な部分ではなく
全く無自覚に起きるもっと深いものという感じです。
(ここは心理学ではなく波動理論のお話ね)

で、どうすれば影響をうけなくなるのか?
細かいことを言えば、色々理屈はあるのですが

一言でいえば
「受け容れる」ということに尽きます。

ただ、受け容れるという言葉があまりにも抽象的で、
心理学ではきれいごととして伝えられることも
多いのです。

では、受け容れるとは
どういうことでしょうか。

桑原が師匠から学んだことを簡潔にお伝えします。

■受け容れてほしい人の解釈に合わせるな

受け容れてほしい」と思っている人は、
相手の表面な態度で
受け容れられいるかどうかを判断します。

「受け容れてもらっている」=「優しく接してもらえる」
という解釈をしている人が圧倒的に多いのです。

しかし、これは、その人が相手に求めていることであって
それをしてあげることが
本当の「受け容れる」ではないということです。

■本当に受け容れていると余計なことをしない

受け容れてかかわるとは、
相手が受け容れてもらっていると感じることを

してあげることではなく

相手が「すべきこと」にまで
自分がかかわらないということでもあります。

「してほしい」⇔してあげる の関係が必ずしも
良いこととは限りません。

相手に「私を受け容れているなら優しくしてよ」
と求められても、
それが、本当に相手のためにならないと思えば
それをする必要はないと判断できることです。

 

■相手が求めるこうしてほしいに対してどうするか

「受け容れて!」が強い人は、
「自分がこれをしたら、こう反応してほしい、やってほしい」
という自分本位の願いがあります。

それを全部拒否しなさいということではありません。

「反応」でやるのではなく
「意志をもって対応」するということです。

反応には「私が」という主語はなく
対応には「私はこうする」という意志があります。

相手を本当に受け容れていれば
相手の意に沿うことをするのか、
あえてしないのかは、自分自身が決めること

相手の可能性を信頼し、
相手の存在そのものを受け容れているからこそ、
それができます。

そうすると
相手の一挙一動に影響されなくなります。

だから、波動脳科学では「受け入れる」ではなく
「受け容れる」 と表現します。

相手との関係性ではなく、
受け容れるとは自分の器の問題だと捉えているからです。

受け容れるとは、好きになることでもないのです。
ただただ、自分の容量を大きくする
という事なんです。

だから、受け容れてほしいだけの人は
外に求めるだけで、いつまでたっても、自分の容量は大きくならないのです。

 

この記事は、メルマガ「可能性をあきらめたくない女性のための時間と思考の使い方」
 2021年10月21日号で紹介した内容に加筆修正した内容です。

 

お願い LINEでメルマガを受け取りたい方

↓ ↓ ↓

友だち追加

https://lin.ee/q86Z8lO

 

桑原朱美公式ブログ

カテゴリー

アーカイブ

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想