0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

桑原朱美公式ブログ

高校生からの手紙「私は、私で生まれてよかったと 思えるように生きます」

(株)ハートマッスルトレーニングジム代表
主体的人生を構築する人材育成トレーナー
桑原規歌(朱美)です。

今日のテーマは
「私は、私で生まれてよかったと 思えるように生きますという高校生の言葉」です。

保健室コーチングアドバンス
修了生O先生から
近況報告が届きました。

許可を得てご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーー

保健室コーチングを学ぼうと
思ったのは、

育休復帰後、
なんだか自信がなくて、
足に力が入らない感覚
があったからでした。

受講の目的を問う
「What do you want?」で、
自分のコース修了後の姿を

自信がついて
足に力が入っている感じに
なっていると答えた
記憶があります。

あれから5年。

自信をもって生徒対応が
できています。

ある生徒が
卒業式の日に
手紙をくれました。

「あのとき、
保健室に逃げてよかった。
そうでなければ、中退していた。

今、こんなに希望をもって未来に向けて
過ごせるようになっているなんて、
思ってもみなかった。

先生は、私が
自分の力で進めるように
導いてくれた。
こんなに未来に希望をもって
生きてるなんて、
想像もしていなかった。

だから今度は、
私が看護師になって、
患者さんが
生きる希望をもって
自分の力で歩めるように、
かかわっていきたい」

心が震えました。

この子は、1年生の時、
「しんどい」と保健室へきていました。

複雑な家庭環境や、
未来に希望なんてないことなどを
話してくれました。

この時に私が伝えたのが

「なりたい職業とかではなく
こうありたい、
こんなふうに生きたいと
望む未来をイメージする。

具体的にイメージしたことは
ちゃんとそこにたどり着けるよ」
でした。

そして、一緒に目標設定を
した子です。

5年、10年後は
なかなかイメージが
わかなかったようでしたが

考えた末に書いたのが、
「私は、いつか死ぬときに、
私で生まれてよかったと
思えるように生きます」
でした。

私は鳥肌が立つほど、
この子の持つ力感動しました。

保健室コーチングを学び
生徒の持つ力を信じ、
成長を感じさせてもらって、

養護教諭という仕事を
とても好きになり、
そんな仕事をしている自分を
とても幸せ者だと

感じています。

生徒への対応は、
教科指導のように

決まったものが
あるわけでもなく、
正解もなく、
下手すれば
変な受け取られ方を
されることもあります。

でも、保険をかけたような
回りくどい表現は
結局伝わりません。

先生のおっしゃるように、
きっと伝わると
自分を信じること、

受け取ることができると
相手を信じることだなあ
と思います。

——————–

O先生は
若いながらも聡明な人
という印象があります。

学びの本質を
捉えて
コツコツと
努力をされています。

生徒さんに
O先生んの言葉が届いたのは
ご自身がそれを
実践し、本当にそうだと
実感しているから。

知識でわかったものは
相手に知識でしか
伝わりません。

ベーシック、アドバンスの
最初には

「6日間の学びを終えた
自分は、どうなっていますか」
というめざす未来像を
書き留めます。

多くの方が
6日間を終えると
その未来像に
近づいている
自分を感じてくださいます。

年度末。
あなたの来年度の
計画が始まっている
頃だと思います。

その時に、ぜひ
「1年が終わった時
自分はこうなっている」

ということを
具体的に
書き出してみてください。

脳にはRASという
自動ナビゲーションが
あります。

自分の行き先を決めると
脳はそれに必要な
情報を集めます。

年度末は
そのチャンスです。

それでは
今日も、素敵な1日を!

この記事は、メルマガ「可能性をあきらめたくない女性のための時間と思考の使い方」
2021年3月24日号で紹介した内容に加筆修正した内容です。
メルマガバックナンバー
https://1lejend.com/b/IRnMnAEvyo/

メルマガが届いたり届かなかったりする!
という方は、LINE@に登録していただくと
確実に届きます。
https://hoken-coa-joint.net/recommend/#line

Instagramのフォロワー数がじわじわと増え、うれしいです
https://www.instagram.com/heartmtg

「Clubhouse」始めました。
アカウントは@hime2021です。

桑原朱美公式ブログ

カテゴリー

アーカイブ

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想