0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

桑原朱美公式ブログ

鬼滅の刃と自己受容

(株)ハートマッスルトレーニングジム代表

主体的人生を構築する人材育成トレーナー

桑原規歌です。

今日のテーマは

「鬼滅の刃と自己受容」です。

先日、初めて「鬼滅の刃」を見ました。

ブームにはすぐに乗らないという

へそ曲がりの私ですが・・・

これは・・・・

はまりました!

鬼が鬼となった背景。

桑原はそこに非常に興味を持ちました。

鬼はもともとは人間。

人間は、鬼と化すことがあります。

京都の宇治川には、椿姫伝説があります。

「恋仲だった男性が

他の女に心を移し、嫉妬のあまり

貴船神社の奥の宮に七日の間丑の刻参りをし、

宇治川の浅瀬に七日七夜の間、

水に浸かって鬼と化した。」

というものです。

人間が鬼と化す時

そこには、異常な執着があります。

そして

人間が、人間の心を忘れ

鬼となった状況を

表す言葉があります。

『魑魅魍魎(ちみもうりょう)』

左の部首が、すべて「鬼」となっています。

—————————-

「魑(ち)」(分離を意味する)

自分を嫌うことで、本来の自分と

分離した状態。

人間の鬼化のはじまりは

今の自分を受け容れられず

嫌ってしまうことから始まります。

「魅(み)」(未完を意味する)

際限なく何かを求め続けている状態。

お金や愛情、権力、地位など。

常に自分が「足らない」と思っているため

どこまで行っても完了しない状態。

先日見た「鬼滅の刃・那田蜘蛛山」では

愛情や絆を際限なく求める

鬼の姿がありましたね。

「魍(もう)」(依存を意味する)

猛烈に何かに依存しいている状態。

自分を嫌うことから、何かに依存するのです。

依存症は鬼になる一歩手前かも。

人によっては、

マイナスの記憶(怒り・恨み・悲しみ・絶望)が

依存対象となることもあります。

「魎(りょう)」(ものごとの一部しか受け容れない)

本来一つであるもののある部分のみをよしとして

ある部分を否定し、ジャッジすることをいう。

(○○はよくて△△は悪いという考え方)

自分自身に対しても他人に対しても、世の中に対しても

受け容れることができるものが

とても少ない状態。

——————————-

鬼のように自分を嫌い

鬼のように求め

鬼のように依存し

鬼のように受け容れきれない

魑魅魍魎は

決して妖怪変化の世界のことではなく

自分を嫌い

他人に何かを求め、依存し

なにも受け容れることができなくなれば

人間はいつでも

鬼になれるのです。

保健室コーチングでは

自己肯定感ではなく

自己受容感を大切にします。

脳の科学から

自分を受け容れるとは

どういうことかを学びます。

自分を嫌うことが

他人軸で生きる原因になるからです。

子ども達に、本当の生きる力を

伝えていくことができる

大人を増やしたいのです。

鬼滅の刃がブームになっている今

ぜひ、

このお話を

子どもたちに伝えてくださいね。

それでは

今日も、今日も素敵な1日を!

 

 

この記事は、メルマガ「可能性をあきらめたくない女性のための時間と思考の使い方」
2020年10月21日号で紹介した内容に加筆修正した内容です。

 

メルマガバックナンバー
https://1lejend.com/b/IRnMnAEvyo/

メルマガが届いたり届かなかったりする!
という方は、LINE@に登録していただくと
確実に届きます。
https://hoken-coa-joint.net/recommend/#line

 

 

桑原朱美公式ブログ

カテゴリー

アーカイブ

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想