0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

マイページ

menu

姫先生の教育相談BLOG

中学2年生向け講演の概要と感想をまとめた保健だより「友だちコーチング」

 

 

1年生に引き続き、福井県の中学校での学校保健委員会のまとめ保健だより2年生もアップしました。

 

2年生では、「友だちコーチング~お互いのチカラを引き出そう~」というテーマで、

友だちから相談を受けた際のコーチングコミュニケーションの方法について、

お伝えしました。

 

悩み相談=カウンセリングという考え方は、まちがってはいないのですが、

桑原が現場で感じたことは

 

——————————————————————————

多くの子どもたちが

「共感と同一化」の区別がつかないことで、

問題を複雑化させたり、

別の問題を引き起こすことがあるという現実
——————————————————————————

 

コーチングの視点を取り入れた傾聴や相談は

感情ではなく、行動にフォーカスし、相手をかわいそうと思うのではなく、相手のチカラを信じて引き出していく

というスタンスで行います。

 

ピアサポートという名称ではなく

ピアコーチング(仲間同士のコーチング=友だちコーチング)として中学生にお伝えしています。

 

今回は、

・友だちの相談を受けた時に、気を付けること

 

・「友だちが困ったときや、何かを達成したいとき、その人の行動のサポート」や「その人が自分で考えて行動できるような質問をする」というサポートの方法

 

・サポートする際の「目標設定の方法」「実際のスモールステップコーチングの方法」

 

・講演の後、各教室で、実際にコーチングの練習を行っていただきました。

 

こちらも1時間の講演ですべて完結するものではなく、

 

そのあとの現場で、生徒のフォローアップの指導ができることが

必要です。

 

そのため「友だちコーチング」の講演は

保健室コーチングアドバンスコース受講生の学校でのみ、お受けしています。

 

保健だよりは、以下のサイトからご覧いただけます

 

※保健だよりの閲覧には

一般社団法人全国保健室コーチング連絡協議会の会員登録が必要です。

姫先生の教育相談BLOG

カテゴリー

アーカイブ

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想