0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

養護教諭向け研修「大人と子供のための生きづらさ妖怪講座」感想

山形県教職員組合 養護教員部 学習会

 「大人と子供のための生きづらさ妖怪講座~自分のパターンをメタ認知しよう~」 感想

 

  

 

10月10日 山形県教職員組合 養護教員部の学習会で、オンラインでの講演をさせていただきました。

もともとはリアルでの予定でしたが、台風が東海地区に近づいていたため大事を取って、オンラインでの研修としました。

大きな会場に、40名の方が集まり、会場に2台のPCをおき、Zoomをつないで、プロジェクターで映すという形で行いました。

全体の雰囲気が見え、雰囲気も伝わり、とても自然な形で講演ができました。

一人一人が自宅や学校でとなると、通信の状態でトラブルが起きた時対応ができませんが、この方法なら、グループでの話し合いもでき、実に快適でした!

担当の方から、参加者が大絶賛でしたということをお聞きし、うれしく思いました。

以下、参加者の方から頂いた感想です。

 

————————————————————————————

 

・自分を大切に、自分をよく理解する、自分をうけ入れる。まずは自分軸で生きることが大切だと思いました。生徒も自分軸で生きられる考え方を育てていきたいです。

 

・講演は、とても面白く、妖怪の話もわかりやすかったです。生徒を思い浮かべることができました。記録をとること、自分を見直すこと・・・やってみようと思います。

 

・とても勉強になりました。子どもへの対応に使えるのはもちろんですが、自分自身のことにも当てはめて考えられる内容でとてもよかったです。大人も子どももダメな自分を受け入れるのは難しいことだと思いますが、妖怪とどう付き合っていくかと考えると少し自分と向き合いやすくなるなあと感じました。今日はどうもありがとうございました。

 

・初めてのWeb型の講演でしたが、本人が会場にいるのとそんなに変わらないのに驚いた。パワーポイントを使うとこの型でもOKですね。

 

・子どもを理解するには、まず大人が自分を理解し、自分を認めることが大切だと改めて感じました。

 

・聞きたかった桑原先生の講演をお聞きできて、感謝感謝です。ありがとうございます。時間もあっという間でした。自分を好きになる必要はなく、あるがままに、しなやかに、という陰陽説に心が救われましたし、目からウロコでした。ありがとうございました。

 

・ベテランといわれる年代になっても、まだまだ自分探しをしている状況で、このことで時々落ち込むことがありますが、今日の話を聞いてそれでもいいかも・・・と思うことができました。自己肯定感は、自分を好きになることとは違うという言葉が心に残っています。

 

・急なハプニングにも対応してくださり、オンラインの講演を開催してくださってありがとうございました。「生きづらさ妖怪」を最近、学校で活用させていただいているのですが、もっともっと効果的に子どもたちに伝えていけるようにするヒントを今日、たくさんいただきました。ありがとうございました。

 

・明日からでも活かせる内容でとてもよかった。お話も堅苦しくなく、時間があっという間でした。自分を見つめなおす機会にもなりました。WEB研修、アリです。とても良いですね。

 

・ZOOM講演、悪くなかったですね。声もはっきり聞こえたし、スライドも同時に写せるのですね! 生きづらさ妖怪のパターン化は大変わかりやすいと思います。複合的に妖怪が現れている生徒が多いように思います。妖怪がいてもよいと伝えることで楽になるかもしれませんね。

 

・ダメな自分も受け容れる、自分の一部なんだという意識をもって、今後の仕事、人生を生きていきたいと思いました。生の桑原先生にお会いしたかったです。残念!

 

・生きづらさの原因を妖怪に例えてとてもわかりやすく勉強できました。(ネーミングがとってもうまい!!)とってもよかったです。

 

・リモート講演、とても斬新でした。でもこれからの時代、これもあり。移動ない分、講師の幅が広がるし、いい方法だと思いました。

 

・子どもを受け容れるために、自分自身を知ること、自分自身にコーチングが必要だということが、最後、ズシッときました。

・参加してよかったと思える学習会でした。リモートでも大丈夫でした。(先生に直接お会い出来たらよかったですが。)今後、このような形にもできるということで良い研修会になったと思います。

 

・最近、ここ何年か妖怪ブームということもあり(TVドラマ、アニメ他けっこう見てます)親しみが持てました。その人が悪いんじゃなく「妖怪のせい」にしてしまうところは、気が楽になります。何年か前、初めてお話を聞いた時よりわかりやすかったです。WEBの会は初めてなので、体験してみるとこういうやり方もあるんだなと一つ勉強になりました。でも、ほんとうなら「ナマ」でお聴きしたいところですが・・・

 

・生きづらさ妖怪、とても勉強になりました。子どもと関わるときにいかしていきたいと思います。特に記録させる(書き出す)ところを大事にしていきたいです。 来年もぜひ、講演を!

 

・とても良い内容でした。まずは、自分の光もかげも受け入れるところからスタートしようと思いました。軸を自分軸にして、日々生徒と関われたらと思いました。ZOOM講演もいいなあ~と思いました。今どきです。

 

・子どもたちの中にいる妖怪・・・大人も取りつかれていますね。いてもいい、消さなくてもいいということが自分自身もゆっくりしたところです。自分を好きにならなくてもどんな自分も自分なんだということを明日から生徒に対して言葉も含めて伝えていけたらいいと思いました。ありがとうございました。

 

・子どもだけでなく、自分の中の妖怪も気づくことができました。保健室で悩みを聞くことがあっても、担任に伝えるだけで深いところまで関わっていけていないなと思うことが多くあります。今日のお話を聞いて、休み時間の10分、20分の中でもできるワークや話の聞き方のポイントなどを聞くことができ、とても勉強になりました。学校でも妖怪を探して、生きづらさに向き合っていける子どもをふやしたいなと思います。ありがとうございました。

 

・思った以上に自分のことが書けなくて(シンプルワーク)びっくりしました。”自分自身を知ること“無意識に避けていたのかな…と。子どもたちの生きる力を高めるためにまずは、自分自身を知り、うけいれることだなと改めて思いました。リモートでの学習、初めてでしたがとても良かったです。いろんな可能性を感じました。

 

・良かった。オンラインでの研修、今後もこのような形もありかと思った。実際に来ていただくのが一番ですが。

 

・「自分のいいところもわるいところも受けいれていくこと」自分が弱っている時期だからこそ、客観的にみることの、みていくことの大切さを学ぶ機会となりました。ありがとうございました。Webでの講演もとても良かったです。

 

・とても良かったです。自分も転勤したばかりで人間関係づくりに苦労しているので、先生からのアドバイスがとても参考になりました。今年度、後半はもっと元気に私らしく過ごせそうです。また、桑原先生の講演をお願いします!! リモートもなかなかよかったです。今後は、この方法で日程調整することもありですね。(生!?ももちろんいいですけど)

 

・良いところも、そうでないと思うところも、まるごと受け容れることのできる自分でありたいと思いました。そうやって子どもたちに関わっていきたいです。自分自身を理解することが大切なのかと思いました。

 

・養護教諭をして働く中で、自分自身のことを見直す機会になり、とても有意義な時間でした。当てはまる妖怪がたくさんあるなと気づくとともにこのような妖怪たちとうまく付き合い、自分を受け容れ、しなやかな心をもって職務に励みたいと思いました。今日は、参加させていただき本当にありがとうございました。

 

・とても元気をいただける講演でした。「妖怪攻略ブック」も見てみたいと思います。

 

・今年度、新規採用として働いている者です。初めてのことばかり、先輩からの言葉をいただくと「ああ、そういうものなんだ」と受け入れてばかりの日々で、養護教諭として自信をつけるきっかけづくりに悩んでいました。今日の講演ではそんな自信のない自分を理解するために「妖怪が取りついている」という捉え方を教えていただき、心が軽くなりました。自分との付き合い方を子どもたちにも教えていきたいです。

 

・とてもよかった。子どもたちにもわかりやすい言葉で(妖怪)伝えやすい。自分で書かせてみることも取り入れたい。

 

・急にリモートでしたが、これもありだと思いました。

 

・とてもよかったです。自分もいろいろ妖怪に取りつかれているようです。

 

・ずっとおききしたかった桑原先生のお話を聞けて幸せなひとときでした。(本当は生の先生にお会いしたかったのですが・・・)保健室コーチングに出会い、ちょこちょこと取り入れています。日々のメールで1日の活力を得ている日々です。ありがとうございました!!!!!

 

・自分自身をもっと客観的にみて、自分のイヤだと思うところ、ダメだと思うところも受け入れ、考え方をチェンジしていくともっと自分自身楽になるかなと思いました。Webもよかったです。

 

・やっぱり、桑原先生の講演は、元気をもらえます。3回目ですが、とても学ぶところが多く、疲れた自分の心のデトックスになりました。毎日向き合う生徒のことだけでなく、自分自身の考え方、感じ方の癖を知ることができました。妖怪との対決にめげずに向かえそうです。ありがとうございました。ぜひ、もう一度、桑原先生の講演を生でお聴きしたいです。

 

・とても良いお話をお聴きできました。妖怪は、子ども(生徒)だけでなく、大人(職員)にもいて、とらえ方の視点に気づかせていただきました。受容と共感が不登校生徒に言われてきましたが、それだけでは、前に進めないと思う今日この頃です。押し出すメッセージも必要と強く感じました。

 

 

 

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想