0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

自分いいじゃん!そのままでよかったじゃん!と感じる瞬間が コース中にもたくさんあった!

【HMレジリエンスコーチ養成コース3期を終えて 感想 OK先生 山口から参加】

 

コースを通しての感想についてキーワードを3つあげます。

1つ目は、「体感+言語での整理」です。

2つ目は、「すっきり」です。

3つ目は、「わくわく」です。

 

1つ目の「体感+言語での整理」について

これまでベーシックやアドバンスで分かったようなつもりになっていたことが、

言葉で整理することで腑に落ちてきました。

レジリエンスコースを受講しようと思った理由のひとつに、

伝えられないということがありました。

自分自身が体感して納得したことを子どもたちにも伝えたいと思った時に、

「こんな感じ」では伝わりませんでした。

今回、コースの中で

「レジリエンスとことばと思考の関係」

「自己肯定感」

についてこれまでの学びを整理し、

みんなで話し合いながら言葉と実際の子どもの姿をつなげて考えていくことで

その意味が分かってきました。

 

また、生活の中でも、自分自身の言葉の使い方や思考パターンに気付けるようになってきました。

 

自己肯定感では「どんな自分もいていい」という感覚が、

自然と感じられるようになりました。

アドバンスのテキストにある「生きる力」【自分を生きる】が自分の中で整理されました。

それを支える「自己信頼」「自己受容」=【自己肯定感】

「現実対応力」=【レジリエンス】のつながりが分かってはじめていろいろなワークが生きてくるのだということが分かりました。

 

バラバラだったものがつながってきました。

子どもの現状の分析の視点もグループでの話し合いや、授業化にあたってのみなさんの分析から

たくさんの視点や自分では思いつかない方法などを知ることができました。

 

ベーシックやアドバンスのテキストを振り返ると、

同じテキストなんだけどなあ、前は気付かなかったけど全部書いてあるじゃん!

これはこのことだったのか!

文字通りの意味しか捉えられてなかったなあ、と読むたびにおどろきます。

 

まだまだ気付いていないことがたくさんありそうです。

ベーシックのメモに

「自分の内側からの言葉として伝えることができるまで日常の中でやり続ける」

とありました。

分かった気になっていることも多く、

内側からの言葉として伝えていくにはこれから実践あるのみです。

これからも日常の中で自分自身を通して「生きる力」について考え行動し、

気付きを深めていきます。

 

2つ目の「すっきり」についてです。

ベーシックのテキストのWhat do you Want?を見返してみました。

「あなたがこのコースで獲得したいもの」に

「軸、1つの方向、納得できるものがほしい」と書いていました。

「ここしっかり書いとくといいよ。今日帰ってからでも自分で言葉にしとくといいよ。」

とアシスタントの方に言われて書いたメモには

「いろいろなことにがんじがらめで、どうしたらいいか分からない。

人と比べずに生きていきたい。自分を好きになりたい。

変わりたいというよりも、自然な自分で生きていきたい。

なりたい自分になりたい。

こんなに考えなくても自由に自分で気付いて生きている人がいっぱいいてうらやましいな」

 

と書いてありました。

 

アドバンスが終わってもまだ軸についてもやっとしていました。

今回のコースを通じて、絶対的価値観(軸のようなもの)が世の中にはあって、

それと比べていい悪い、優劣がある、という思い込みをしていたことに気付きました。

誰をみても、いいね、わたしもいいね、が気付いたらできる、

というかそう普通に思って過ごしている自分がいたのです。

 

人と比べていないのです

不思議でした

 

そしてとても楽、自分に集中できる、人の目が気にならない、

もともとそんなものはなかったんですけど。

レジリエンスコースで出会ったみなさんとの関わりで、

かっこいいな、わたしもそういう風にありたいな、居心地がいいな、

ということが体感できたからじゃないかと思います。

 

変な気持ちの読み合いは必要なかったです。

なぜなら、

みんなそのままでまっすぐだから、安心で気持ちがいい。

いろいろやったりして、みてうまくいくこともいかないこともあるけれど、

自分いいじゃん!そのままでよかったじゃん!と感じる瞬間

コース中にもたくさんあり、

最近は日常生活のなかでも感じる場面がたくさんあります。

 

なんでそうなったのだろうか。

ブレない軸、拠り所がほしいとずっと思っていたけれど、

世の中にそんなものはなく、ただ自分の中にありました。

 

ベーシックで姫先生に

「本音を言ってないんじゃない?」と言われて衝撃を受けたことを覚えています。

本音言ってるよ!言ってるし!え?これって本音じゃなかったの?!と。

それくらい、他人軸になっていたし、

自分の軸というか自分の思いがみえてなかったな、と思います。

 

周りがどうこうではなく、自分自身の中から出てくるあたたかな思い、

こうありたい、これが好き、こうしたいという思いに気づき、つながり、表現しているか。

ただ向きあい感じればよかったのに、

その軸を評価しようとしていたから変なことになっていました。

 

コースでは、人と違うことがとても面白く、楽しかったのです。

それぞれの軸があって、それにいい悪いはなくて、

違うからこそ広がり深まる楽しさが感じられました。

 

私の中の軸問題が解けてすっきりました。

 

3つ目は「わくわく」です。

自分の思いに気づくこと、そこに向かうときのわくわくする感じをこれから大切にしていきたいと思いました。

自分の思いに気づくこと、そこに向かうときに評価や解釈に触れることがあるけれど、

自分の軸を見失わずに、レジリエンスの力を発揮しながら向かい続けることができるか。

私の決意表明に少し付け加え、

「違いを楽しみ、今にわくわくし、自分のやりたいことを表現して自分の未来を自分で作っていきます。」

ということを宣言して、毎日を過ごしています。

わたしの気づきのきっかけは、先生をはじめコースで出会ったみなさんとの関わりです。

わたしもそういう関係性を子どもや出会う人と作っていきたいです。

わくわくする気持ちに正直でいるか、頭と心と体はつながっているか。

今までくじけていた状況やあきらめて逃げていたことにも、

れは価値観の違いで勝手に私が傷ついているんだ、

体が抵抗しているだけ、思考やことば、体の感じ方を変えてみよう!

やりたいことが私のわくわくにつながっているかな、

ということが見えていたら引きずらずに次の行動ができるようになってきました。

さらに自分の中で落として整理していくこと、伝えていくことをこれからやっていきます。

コースに参加して、実際に自分で考えたりやってみたりしながら、

たくさんの人と関わりながら学ぶことができて本当によかったです。

ありがとうございました。

 

  

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想