0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

「そのまんまで大丈夫!」という空間が、どれほど心地のよいものなのかを体験しました

【HMレジリエンスコーチ養成コース3期を終えて 感想 A先生 滋賀から参加】

 

「ってどういうこと?」からの気づきの大きさ

 

言葉や事象について、「それってどういうこと?」と掘り下げる作業が大変だったけど、

自分の中で気づいていないビリーフやX=Yの発見につながりました。

 

特に「はっ!」としたことは、

失敗」と「間違い」を自分の中で使い分け、

間違えることに対してものすごく抵抗があるということです。

 

失敗に対してはあまり抵抗がないにも関わらず、

間違えたくない・間違えることはカッコ悪い!恥ずかしい!という思い込みがあって、

自身をすごく苦しめていると意識化されました。

 

『失敗』は自分が立てた目標に対して、到達できなかった時に使っていて、

『間違い』は正しいというもの(正しいという判断や基準は自分以外のもの)に対して

違っていた時に使っていました。

 

失敗は自分基準なので、苦しくないのですが、

間違いは人が求めるもの、人が決めた正解に対して使っていたので、

期待にこたえられなかったとか、わかってあげられなかったという昔の自分のパターン(他人軸のパターン)

ひょいっとでてきて、

自身を苦しくさせているのだなと今は自分なりに解釈しています。

 

そして、無意識に正解はひとつであり、

自分では正解は作れない、人が作るものだと思い込んでいました。

 

正解や間違いの枠や基準は何か、

つまり、人の求めるものや人が導きだした答えは

何かを探してしまう癖があるんだなと、

「ってどういこと?」と深く掘り下げようと考えているときや、

課題をしているときに、その自分のクセに少しずつ気づいていきました。

 

そして、正解や間違いに当てはめることに何の意味も価値もないことに気づけて、

少し楽になりました。

 

自分軸をしっかり持てるときもありますが、

まだ他人軸がムキムキムキっと出てきて、自分軸をむぎゅっと締め付けることがありますが、

そんな自分も愛おしいなっと思って、

自分軸を中心に他人軸をメタ認知できるように少しずつ変化していこうと思います。

 

そして、「ってどういうこと?」「ホンマにそうなん?」と自問自答を続けていこうかと・・・。

 

ネタ帳作り

 

“不”集めをする際や、授業の中での事例を話すにしても、

具体的な事例をメモしておくことは大事だなと思いました。

 

具体的エピソードの共通点から問題の本質にたどり着いたり、

私が出会ったエピソードだからこそ授業中の事例の話がすごく生徒に伝わり、

そのことが知識と体験を結びつけ深い学びにつながったりするのだと

体感した半年間でした。

 

またKの傾向がすごい強く、なかなか言葉にすることが遅いのですが、

ネタ帳を作ることが言葉にする練習となり、

そして、書くことで理解する黄色なので、書いて言葉にすることが思考の整理につながるのかなと思いました。

 

少しずつですが、ネタ集めをしています。

 

私も・みんなも・そのまんまでOK

 

 「そのまんまで大丈夫!」という空間が、どれほど心地のよいものなのか、

そして学びがより深いものにつながるのか・・をこの講座で体感できました。

 

その雰囲気づくりがとても大事だなと、そのためには、自身を信じ、

相手を信じ受け入れることから始まるのだと思いました。

 

そのお互いを認め合える温かい空間で、私自身のレジリエンス力が何より高まったなと思いました。

私のイメージとして、

「力を高める」というと、筋トレをするようかのようにビシビシと自分を痛めつけ

苦しめないと高まっていかない感覚があったのですか、

今回はちがっていました。

 

あったかい空間でお互いを認め合い、いろいろなことを実践し、

その後その実践について、みんなで「ああでもないこうでもない」と話し合うことで

多くの視点や気づきを共有でき、

それが自分の新たな気づきとなり、レジリエンス力がふかふかになり高まっていくのかなと思いました

レジリエンスがしなやかな心と表現されるのはそのためか・・・

と妙に納得できました。

強くする!鍛える!というよりは、

ほかほかに心を耕し、ふかふかに柔らかくしていくのかなぁと・・・。

 

今までの研修とは違う深~い部分に気づきがあったなぁと・・・

気づきがじわ~っとしみ込んでくるという感覚になりました。

(今までの研修では、ぴかっと激震が走る感じでした。)

本当に、深い気づきに導いてくれた姫先生、そして、あったかい空間を作り、学びあえる仲間に感謝申し上げます

本当にありがとうございました。

 

(ふと思ったのですが・・姫先生のレジリエンスコースの授業マッピングシートの最後の一言が何だったのか気になります(笑))

 

     

 

 

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想