0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

生徒向け講演『幸せな人生をつくる初耳学~脳が協力しくれる言葉~』感想をアップしました。

中学生向けの講演 『幸せな人生をつくる初耳学~脳が協力しくれる言葉~』 

生きづらさ妖怪さんとの付き合い方と、脳の科学から見た「幸せ」のためにどんな言葉を使うかというお話をさせていただきました。

 

【生徒感想】

・いろんな妖怪がいて、その中にたくさんあてはまるのがありました。誰かのせいだとかもうだめだとか思い込みとかもあって、だから誰かのせいにするのでなく、自分でもう一回考えたり、もうだめとあきらめてしまわずに挑戦したりしていきたいです。

 

・人の脳はその人が言った言葉をしてくれて、マイナス発言を発言するとそのままのとおりになってしまうので、プラスな発言をしていきたいです。また、様々な妖怪が出てきてその中に当てはまる妖怪がいたのでまずはチャレンジをしていきたいです。先生の話をきいてとても勉強になりました。またこれからの人生を幸せにしていきたいです。

 

・自分を受け容れること

 

・私はそこまでずっと根に持つタイプじゃないけど、思い込みがはげしいので未来を自分の中だけで決めつけてしまうことが多くあります。桑原先生が言っておられたように、それは、相手が直接言っていたことじゃないし、現実で起こったことは、ほんのささいなことなんだとしことで、これからの未来はそれだけでも、生活しやすくなると思います。なので私は現実と思い込みがごっちゃにならないようにすることを、まずやってみようかなと思います。

 

・僕は今も一人の友達関係で悩みを抱えています。前は仲が良かったけれど急にはなさなくなり、もう1年以上話していません。一度LINEで気持ちを伝えたんですが、しっかりと自分の声で伝えることを目標にがんばっていきたいです。何から話せばいいかわかりません。どうしたらいいでしょうか。

 

・自分をまず受け容れてネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えて、自分を受け容れて、次に他人を受け容れることが必要だと思いました。幸せな人生をつくるために、先生のお話をきいていろいろな妖怪が出てきて、自分にもつい出てしまうネガティブな部分の妖怪が出てきてしまうので、自分をしっかりと受け容れることが大事だと思いました。幸せな人生を自分でつくれるように自分ができることを最初にしていきたいと思いました。

 

・ぼくはよくマイナスな考えになってしまって、妖怪がとりついているときがあるので、妖怪とうまく付き合ってこれからの人生を生きていきたいと思いました。桑原先生、今日はありがとうございました。

 

・楽しいことをする

 

・人とのかかわりをもっとたくさんつくったらいいと思ったし、自分のことをむりに高い位置におくんじゃなくて、ありのままの自分をみんなに知ってもらうことが大切だと思いました。妖怪にとりつかれないようにしたいと思いました。

 

・自分はできない、自分は馬鹿だと思ってしまったら思い込んでしまうけれど、私にもできる、馬鹿じゃないと前向きにしたり、自分の心に聴いてみることで、明るい人生になると思ったのできめつけるのではなく、前向きに物事に取り組んでいきたいです。授業中、答えがわかっても、違うのではないかと思い、手をあげれないと時がたくさんあります。違ってもいいんだと思ったのでどんどん手をあげていきたいです。

 

・すぐに周りのせいにしたり、相手のことを勝手に決めつけず、自分で振り返って良い方向に考えていきたいです。自分にネガティブにならず、自分に自信をもってポジティブでいたいです。相手から見た自分のイメージに気を遣わず、ありのままの自分で楽に生活したいです。周りに合わせるだけじゃ楽しくないのでしっかりと自己主張していきたいです。相手のことも自分のこともほめていきたいです。

 

・私は発表しようと思ってもちがったらどうしよう、とか恥ずかしいなと思って手を挙げるのをやめてしまうことがあります。でも間違える、恥ずかしいと思うことはいけないことではないんだとわかり、ほっとしました。これからはそんな考え方をする自分を受け止め、「こうしてみよう」「間違えても大丈夫」と考えて生活してみようと思いました。

 

・まずストレスの感じ方は、人それぞれで自分がどうとらえるかで、気持ちも変わることを知れました。今、僕の中には、「いえないもん」がいて授業中などで、発表を怖がっている自分がいます。でも、それは人にどう見られても、自分が成長する体験だと思うことで変われると知りました。自分の嫌いな部分などを早くに認めて周りにありのままの自分を出して、その自分をみんなにも知って、認めてもらいたいと思いました。

 

・自分はダメな人間なんだと思ったら本当にそうなってしまうことが分かったし、思っていても脳が判断をしてそれだけに目が行くようになっていることが分かったので、思ったり口に出して言うのはポジティブな言葉のほうがいいと思ったし、自分にもたくさん妖怪がいてその妖怪とどう接していったらいいか考えたら、幸せな人生が作れるのかなと思いました。私は自分はだめとかは思ってなかったけど、これはできないと決めつけてしまっていたので決めつけないでがんばっていきたいです。

 

・ぼくは人のせいにしたり、ストレスを感じる時がたくさんあるけど、自分の気持ちや言葉の使い方で変わるんだなと思いました。いろんな妖怪が出てくることもあるけど、抑えられるようにしたいです。まだ人生は長いので、ネガティブにならず何事にも前向きに挑戦していきたいです。また褒められたりすると、能力が上がると知ったので、自分に言い聞かせたり、人をほめたりすることもしたいと思いました。

 

・話をきいていて、私にもたくさんの妖怪がいることがわかりました。それに、相手に言っていることは自分にも言っていることになることも初めて知りました。私は発表しようと思ってもできなかったり、相手にわかってよって思うことが多かったりするので、そこは勇気をもったり、相手のことを考えて、妖怪さんが少しでも減るようにしたいです。「人間は100%ではない」ということを知ったので、何事もポジティブに考えていきたいです。

 

・相手のことをよく知ろうと思ったし、前向きに物事に取り組もうと思いました。

 

・自分に足りないところ直して、ありのままの自分で生きていこうと思いました。プラス思考でポジティブにしたい。

 

・とにかくポジティブ思考をする。

 

・自分の思っていることを話してみたりすることが大切だなと感じました。自分の勝手なもうそうで相手を傷つけてしまったり、自分が傷ついてしまったりするので、よく考えて生活したいです。

 

・自分のダメなところを理解し受け容れる。ポジティブだけでなく、ネガティブでも生活できる環境にする。

 

・幸せな人生をつくるために自分で悪いことばかり考えずにプラスになることを考えていきたいと思いました。自分の中にはいろんな妖怪がいることを知ったので、出てきてしまった時にはおさえれるようにしていきたいです。

 

・人のことも考えて生活したいし、友だちのところにいる妖怪も考えていきたいです。

 

・幸せな人生をつくるために、人任せにしたりするのではなく、自分のためだと思って積極的にしていきたい。他の人のせいにしたりせずに、他のいhとの意見に流されたりせずにこれからの生活に生かしていきたい。

 

・考え方を変える。いい未来を考える。物事を整理する。冷静に考える。

 

・自分や人のことを責めたり、全部だめだと決めつけるのではなく、自分や人のことを分かりあったり、自分の得意なことなどを見つけて自分にはこんないいところがあるなど、考えをポジティブにしようと思いました。

 

・マイナスなことや人を馬鹿にすることなどは言ったら自分に返ってくるとわかったので言わないように気を付けたいです。いろんな妖怪たちが出てくるけど、できるだけ抑えたいです。1つの考えにしばられるのではなく、状況を整理したり、ちがう考えを見つけれるようにしたいです。幸せな人生をつくるためには自分が変わることが大切なので、まずは自分の言動を見直したいです。

 

・僕は自分のことが嫌で嫌いでした。でも今日の話を聞いて、いいことやいい言葉を自分に言い聞かせ、他人にも優しくしようと思いました。人に悪口を言うと自分で気づかなくても脳は勝手に言っていると思い込んでいるということがわかりました。そのことで自分の人生が変わるのはいやなので今の僕とは違う生活をしていきたいです。

 

・自分で勝手に妄想していることが多いとおっしゃられていたのでもう少し前向きに生きてみようと思った。

 

・自分の感情をコントロールして、冷静になっていきていくことです。

 

・自分の気持ちを隠していたらいつかはつらくなるから、つらくならないように、時には発散することも大事だと思ったから活用していきたいし、脳の奥にある意識を使って、自分にいい言葉をかけて、生活したいと思いました。ストレスは悪いものではないけど過度のストレスは悪いものだと知ったから気を付けたいと思いました。自分の気持ちは変えられないものだと思っていたけど、脳の使い方や言葉の使い方で、受け取り方や気持ちが変わるから活用したいと思いました。

 

どんな自分も受け止めて、それも自分なんだって思えるように頑張りたいし、先生のお話を聞いていて共感できるところもたくさんありました。私は特に泡セールがあってきらわれるのがすごく怖くていつも人に合わせてきました。でもこれをきっかけに自分の思っていることもしっかり相手に伝えていきたいです。あと、親にいつも反抗している自分がいて、そういうときはしっかり話して私はこう思うとかをもっと伝えていきたいです。ちょうど今人間関係に悩んでいたので聞けて本当によかったです。

 

・言葉や思考を少しかえるだけでろいろな人生になるということが分かったので少しかえて幸せな人生にしたいです。

 

・妖怪が出てきた時に、しっかり自分の心や妖怪と向き合って話したり、人の悪口を言うのではなく、人のいいところを言ったりすることをしようと思いました。

 

・今、妖怪にとりつかれているので、人に悪口を言っているのも自分に影響を与えるので、人が悲しいことをしないようにがんばっていきたいです。

 

・これからは言葉使いに気を付けようと思いました。周りの人を変えるのは難しいので、自分から変わっていこうと思えました。

 

・自分にとりついている妖怪がいなくなるように心がけてこれからの人生を楽しく過ごせるようにしたいです。自分の言いたいことははっきりと言って悩み事がないようにしたいです。みんなをほめてこれからもずっといいクラスになるようにしたいです。

 

・今日出た妖怪が自分にもいるなと思うのがいたので小さくできるようにしたいです。言葉を発する時、それを自分に対しての言葉として考えて発言したいです。嫌な言葉を言わないようにしてできるだけプラスの言葉ではなしたいです。

 

・自分に妖怪がとりついていたらその妖怪と見つめあったり自分がだめだなと思ったりしたときはノートとかに書いたりしたいと思いました。

 

・まずは自分を知ってそれで周りも知ることが大切だと思ったので友だちにもどんな人でもいいところ、悪いところを探して、それに合うように人付き合いをしていきたいと思いました。ほめたりほめられたりすることで、自分の限界を超えられることができると知ったので、部活の試合の時や極限状態でこそ、ポジティブに生きたいと思いました。ぼくも妖怪の中の泡セールがあったと思いました。それを変えることで自分自身も変われるきっかけになると思いました。なので、もっと積極的に自分の意見を言えるようになりたいです。

 

・私はよく家族や友達との人間関係でストレスを感じます。「私のことをだれも分かってくれない」と思ってしまう時が何度もあります。それは、自分も妄想だとわかったので自分から家族に言ってみる事をしたいです。中学生の女子が友達に勇気を出して言っていたように、自分も勇気を出して本当にそうなのか聞いてみたいと思いました。

 

・妖怪の話を聞いて、自分の思考をポジティブに考えるようにしたいと思いました。また自分で妄想して悪い現実を作ってしまわないようにしたいと思いました。最後に僕はこれからの人生で、自分の「こうでなければならない」というのではなくて、ありのままで生きていきたいです。

 

・自分が思っていることをちゃんと言っていきたいです。今日聞いた妖怪が私の中にもたくさんいたので、これからはその妖怪をどんどん減らしていって、幸せな人生をつくっていきたいです。

 

・自分があこがれていることや願っていることは行動したりしないとなんの変化もないし、何も始まらないなと改めて思いました。人にやさしくすることはすべて相手のためではなく、半分くらいは自分のためでもあるなと思いました。自分を完璧にしようと思うのではなく、友だちとかに完璧にしてもらうという考えを持とうと自分の中で考えました。

 

・自分の中にいる妖怪を知ってどうしたら妖怪がいなくなるかを考えるようにすること。一人で抱え込まないでみんなに相談したりすること。悩んでいたりする人を助けること。

 

・あまりネガティブに考えたりせずにこれからはポジティブに物事を考えようと思います。

 

・いろんな妖怪が出てくるけど、わたしは「勝手に熱ゾウ君」がよく出てきます。友達の言動に左右されてしまって、いろんな考えが出てきて最終的にはその友達とあまり話せなくなってしまうのですが、「勝手に熱ゾウ君」の対処方法を教えてもらえて少し楽になった気がします。この後も自分の考えが大きくなるときも制御していきたいです。

 

 私は友人関係で悩んでしまうことが多いです。どちらかというと私は引っ込み思案なほうだと思います。強い人に従ってしまったり、思ったことが言えないことが多々あります。ですが、桑原さんの話を聞いて自分らしくていいんだなと思いました。

 

・いろんな妖怪が出てきてその意味が分かってきたのでこれからは悪いことをしようとしてもそれを抑えて頑張りたいです。

 

 僕は桑原さんの話を聞いて妖怪のことがたくさん知れたのでこれからの学校生活にもみんなにやさしくしたいです。

・自分で人のイメージを勝手に決めつけたりせずにちゃんと相手の気持ちを分かってあげることが大切だと思いました。

 

 これからは妖怪「さっし手」みたいに友達にはちゃんと気持ちを伝えたいと思ったし、ネガティブな発言を言うと、脳がそうしちゃうと知ったのでなるべくネガティブ発言じゃなく、ポジティブ発言をしたいです。

 

・たくさんの妖怪がいて、自分の体の中にその妖怪がいるかもしれないので、対処したいし「せいデンデン」のように人のせいにしないようにしたいです。 自分が思っていることを、脳が答えてしまうことを知りました。

 

・時々妖怪が出てしまう時があるので、ちゃんと立ち直っていい人生をつくりたいです。

 

・マイナス思考を口に出さないようにしたい。

 

・自分だけではなくみんなのために動く。いろんな妖怪がとりついていると自分が嫌になったりしていることが分かったので意識してみたいです。

 

・人と合わせるんじゃなくて自分の意見を正直に言おうと思いました。

 

・私はいつも◎◎のせいだと決めつけていし、もし妖怪が出てきている人がいたとしても、嫌われるのが嫌で合わせているから、ちゃんと自分の県を言う時の言い方があることが分かったからやってみたいと思った。泡セールが出ているんだと思ったから、それだと友だちのためにならないから、ちゃんとした言い方で言ってみようと思いました。夜寝る前にマイナスな考えでねると脳がそう思うということが知れたから、いいことを考えて寝たいと思いました。

 

まずは自分を受け容れてみようと思いました。それに私は泡セールがたまにでてしまうので自分の意見を言えるようにしたいし、悪い自分がいたって悪くないんだと思いました。

 

 人にはいろいろな妖怪がいることが分かったし、その妖怪は自分自身でなんとかできることが分かりました。それに自分の言った発言は自分の脳でも感じることが分かったのでこれからも学んだことを生かしていきたいです。

 

・時々妖怪が出てくるので出したらいけないときは、自分でおさえられるようにしたい。

 

・自分の妖怪を見つけて抑えられるようになりたいです。私は寝る前などに「次の日いやだな~」とか言ってしまうことがあるので直していきたいです。

 

・先生が言っていたように、まずは相手を変えずに自分を変えていきたいと思いました。自分は自分が嫌なことは絶対やらないと決めてしまうので、それを直していきたいです。これからはマイナス思考ではなく、プラス思考で考えていきたいです。

 

・話を聞いて言葉に気をつけたいと思いました。せいデンデンがたまにでたりするので気を付けたいし困っている人がいたら声をかけたりしたいです。

 

自分の意見を信じて言ってみる。チャレンジをたくさんする。考えすぎない。自分の中に隠れている妖怪や自分に当てはまることが何個かあって、しかも「自分で自分をだめにしてしまうことがあるんだ」「自分は思っていた自分とは違うな」など新しい自分が発見できたり、これからの生活はこうしようなど、いろいろ考えられたり分かったりしました。そして、自分の意見をもっと大切にして言えたらいいなと思いました。

 

・妖怪にとりつかれても抑えれるようにしたいです。自分が嫌だなと思うことを言わないようにしたいです。

 

・私はよく「泡セール」が出ていて友だちの意見などに無意識にのってしまうので自分の「意志」を持っていきたいと思いました。

 

 私はいつもマイナスの言葉を発言していたけど「学校行きたくない」と言うことで、次の日の学校も暗めの日があったので少しでも学校で楽しいと思えることを考えてみたいです。

 

・言葉の使い方とかパターンなどを正しく使って生活に活かそうと思った。脳が協力してくれるようにがんばりたいです。

 

 僕にはいろいろな妖怪がとりついていることが分かりました。熱ゾウ君やさっし手などがよくあります。けれど言葉の使い方やパターンを正しく選び、妖怪を小さくして楽しく幸せな人生にしたいです。

 

・泡セールがよくでてきます。

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想