0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

丸暗記で伝えることがどうしてうまくいかないのかわかりました。

保健室コーチングトレーナーコース2期 1講 感想 Fさん(再受講)

 

 

(講座を担当させていただき)伝えることで自分に変化が起こってきています。

 人に伝えるということは、最高の学びということもわかりつつあります。

以前と変化したことは、伝えることでより自分にも相手にも正直になろうとしているところです。

また、講座の中でのできごとを、自分が味わった気持ちや想い、感覚だけでなく

きちんと事実を振り返り、事実をつなげて考えるようになりました。

 

そこから、次回の講座での目標を立て直します。

新しい目標にどうトライするかを考えることは、とても楽しい時間です。

 

以前は、姫先生の作られたコンテンツを大切にし、姫先生が乗せた想いをそのまま届けなければならないと

思っていました。

そつなくやること、本当にその通りです。

その準備としてテキストを何度も読みましたが、

それは使う言葉の意味を確認する作業だったように思います。

言葉の説明にこだわっていたから、予想しない出来事にはことのほか驚くばかりでした。

 

言葉の説明なので、X=「○○」Y=「△△」γ=「××」のように

暗記をしていました。

 

この気づきによって私は、(忠実にコピーする事もできてはいませんが)

ありのままの自分のオリジナルを、本音で伝えていかれるようになる!

目指そうと思います

 

「私の会社紹介」では、皆さんの会社について拝聴していて、

素晴らしいなぁと思い、再度自分も考えてみました。

「自分の力を信じて、

自分の持てる力を十分に発揮して、かけがえのない命を生きる仲間を増やしていこう。」

と思います。

 

そのために、自分のできることを深めて・創造していく力を付けていこうと思いました。

 

『不』の考え方は、深いものがありました。

視点が変わりました。

 

例えば『焦点化の原則』について、伝えようとするとして、

焦点化の原則を中心に据えて伝える相手と見ていました。

その人そのものを「不」として捉えることで、

その人がとらわれていることへの可能性が見えてきました。

 

周りの人をモデルにして事例をつくり、財産を殖やしていきます。  

 

 

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想