0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

ふみふみリフレーミングでの大きな気づきは生徒への保健指導につながりました。

保健室コーチングアドバンスコース東北1期 2講感想 Kさん

 

アドバンスを受けに行く週、1年生への保健指導を組み立てていました。

テーマはSOSの出し方教育を元にした「ストレスへの対処」。

 

中学生の心、ストレスへの具体的な対処、相談することの効果などです。

 

授業の最後は「あなたは必要な存在」というところで決めていましたが、

どうしてもしっくりこないまま、アドバンスの日になりました。

 

授業の最後の生徒の表情もまだ見えていませんでした。

 

2日間のワークの中での自分の大きな気づきは

「自分が周りを受容れていなかった」

つまり自分のことも受け容れてれていないという一面が出てきました。

 

(特にふみふみリフレーミングでの大きな気づきでした。一緒にワークしてくださった仲間に感謝でした)

2日間の学びで、他の人から「あなたは必要な存在だよ」って言ってもらうのもいいけど、

自分の中からわきあがる「どんな自分も自分」「自分大好き」これは強い!と思いました。

 

保健指導の最後が見えてきました。

いきなり「自分大好き」よりも

「生まれた時から自分大好きな自分に今なりました」

この言葉を使いたい、伝えたいと思いました。

 

アドバンスの翌週の保健指導当日に

桑原先生ばりに

「今日は相談すると気分が軽くなるとか、ポジティブに考えようとかそんなレベルの話ではない。

科学的に相談を考えます」

 

と始まり、

脳の深いところが安心するということ、思いが自分をつくることなどもとりまぜ、最後。

目をつぶらせ、「生まれた時から自分大好きな自分に今なりました

この言葉を静かに伝え、胸に手をあてて、自分の中で反すうさせました。

 

目の前で静かに160人の1年生が言葉をかみしめてる様子が見えました。

 

「あなたには自分で解決する力がある。そしてSOSを出す力もある」と、授業を閉じました。

 

以下、生徒の感想です。

「一番自分に響いたのは、自分のことを今やっとで大好きになれたことです」

「生まれた時から自分大好きという言葉を聞いて、これからは悩みを親とか信頼できる友達に話してみる勇気が少しでてきたかなあと思いました」

「普段、人に相談するときに、『大丈夫?』じゃなくて『つらかったね』って言ってもらえれば

『うん、つらかった』って言えるのになと思っていて今の自分に合った授業だと思いました」

「脳幹があることやその働きを知り、誰かに頼れば、科学的にもよいことや、

誰かに頼ればきっと相談に乗ってくれるということが私に響きました」

 

他の学年にも行って広げていきたいと思います。

今回は、「講座で勉強したことを実践につなげる、学んだことを日常と結びつける」と決めて参加しました。

本当に良かったです。

次回は最後の2日間になりますが、また得るものを決めて参加したいと思います。

桑原先生、仲間のみなさん、いつもありがとうございます!

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想