0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

状態管理することで起こる現実が変わってくることに衝撃を受けました。

保健室コーチングベーシックコース岡山1期 1講感想 Tさん

 

昨年度までは重症児ばかりで言語でコミュニケーションをとれる子がほとんどおらず、

医療的なことや発達の方ばかり勉強していました。

タイミングを逃しながら、保健室コーチングは後回しになっていました。

今年度、想定外の異動で特別支援学校に行くことになり、

久しぶりの生徒との言葉でのコミュニケーションに戸惑っていました。

 

先週、香川での速習に参加して、

保健室コーチングとは、言語的なことだけでなく、自分のあり方もポイントになっていることを知り

状態管理することで起こる現実が変わってくることに衝撃を受けました。

 

前任校の重症児はそれまでの経験からお世話する相手ではなくて

デキる人たち」と信じることができていたのに、

現任校の軽度知的+発達障害の生徒は

「メンタルが弱くなっている人たち」と、

保健室に次々来るのが当然だと私の思いが変わっていたことに気付きました。

 

せっかく地元の岡山で勉強できるなら、

せっかく今いろんなコミュニケーションができる学校に変わったから…

と、数日悩みましたが、申し込みました。

 

第1講は速習よりずっと深く、たくさんのワークもしながら実感をしながら学べて

2日間があっという間でした。

 

目標があっても、自分のブロックがあると前に進めない、

ワークで、気持ちが逸れていると前進する力が弱くなる経験をして、まずは自分が決めることって大事だと分かりました。

 

言葉の力が分かりました。

(彼氏=まぐちゃんのTシャツの仮面ライダー  に向かっている途中で、

今彼氏はそんなに欲しくないと気付いて、進めなくなり止まってしまいました。)

 

他のメンバーのワークも、一緒に経験しているようで胸が痛くなったり、

涙が出そうになったりしました。

まずは児童生徒や同僚をたくさん観察して

第1講で学んだことを自分の中で落とし込んでいきたいと思います。

 

「自分大好き♡」も毎朝続けます。

 

第2講が楽しみです。

 

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想