0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

自分を認めることは自分を生きること。そして、足まで温かくなった。

【HMレジリエンスコーチ養成コース3期2講 感想② M先生 山梨から参加】

 

この第二講 では、腑に落ちたことを3つ書きます。

1つめは、自分を認めるということは、自分を生きることだということです。

自分が(利き脳が)緑(右脳インプット左脳アウトプット)だという事を知り、

また、講座へ行って K (体感覚優位)であることを認めざるを得なくて、

が思ったのは「緑の K なんて最悪じゃん。」でした。

 

感覚 的にしか物事をとらえられなくて、

感覚でしか表現できないなんて、私の中では 能力のない人 だったんです。

 

理論的に物事をとらえ、表現できる人のほうが(自分にとっては)能力のある 人だったんです。

能力のない自分なんで認められない。

認めたくない。

初めはそう思いました。

でも、講座の中でそれぞれの特徴を持ったみなさんと関わったり、

今までの自分の人生を振り返るなかで、緑で K の自分にOK が出せて、

認めることができ たら足の先まで温かくなったのです。

そして、昨日も今日も足が温かいです。

以前、波動の個人セッションに行った際、先生方に

「足のないお化けだよね」と言われた事を思い出しました。

その言葉の意味も やっと 腑に落ちました。

自分を認めた今、「自分を生きる」という事がはじめられそうです。

 

2つめは、VAK についてです。

VAKを 学んでから、すでに5,6年はたっていて、

どういうものかということは頭では理解していました。

VAK に関する授業もしたし、掲示物も作ったし 、人間観察もたくさんしてきたので、

わかったつもりでいました。

しかし、自分自身がどれに当てはまるのかと考えると、

どれも当てはまる気がしてしっくりきていないというのが本当のところでした。

場面場面で違う特徴が現れるのだと思いますが、

先生には会うたび「 K (体感覚優位)だよね」と言われ続け、それだけは納得いかない自分がいました。

さきほども書いた通り、K であることを認めたくなかったからです。

 

しかし、グル ープで話し合う中で、 V(視覚優位) の2人のスピードにはついていけないし、

2人で理解しあっているところが理解でいないし、

「そこで、その表現をなぜ使う?」という事が多すぎて、

口をはさむ余地がありませんでした。

でも、グループに、もう一人 K の子がいたおかげで、

私はこの子と一緒の感覚だという事に気づくことができ 、

「 V と K ってこういう風に違うんだ」という事が腑に落ちました。

「伝わった」という言葉一つをとっても、

K の私は「伝わってよかった」だし、

V の方は「伝わった」だし、

A の方は「きちんと伝わった」だし、

それぞれの特徴を 目の前で見ることができ て、

腑に落ち よかったです。

体感することができて よかったです。

 

3つ目は、安全安心の場が自分理解を促すということです。

やはり、今回は、保健室コーチングを学び続けている、

同じ志を持った方たちとの勉強会の場で、

らには、

楽しくお酒を飲んでお話できた方たちと一緒の場だったので、

自分を着飾る必要もなく、

誇張して見せる必要もなく、 安心して自分を認めていくことができていったと思います。

本当に皆さんのおかげで、

私は私を生きることができそうです。ありがとうございました。

そして、私が家に帰って主人に言ったことは、

「私、お姫様になりたい。」です。

ちやほやされて、何でもやってもらえる、かわいいかわいいお姫様になりたいのです♡

そしたら、主人に「笑顔でいればいいんじゃない。」って言われました。

いつもニコニコかわいいお姫様を目指して自分を生きていきます!

強く生きていなければならなかった、自分を手放します!

 

  

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想