0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

発信源が自分であることが自覚でき、プレゼンも大成功でした。

【保健室コーチングベーシックコース東京5期を終えて  気づきレポート

M先生(主幹教諭)/石川から参加

 

「発信源は自分」というフレーズがずっと頭の中でリフレインしている。

 

講座を終えてから、今これを書いているのは、9月12日。

 

今日までの間に、対家族、対上司・同僚、対生徒、対友人の関係の中で

これまでと明らかに変化したというものは少ないけれど、

自分の心の持ち方が変化している。

 

相手が反応をするのは、私がこの言葉を使ったからだ、このような行動をしたからだ。

という理由が理解できる。

 

そして、私に対してどのような言葉になって返ってくるか、

どのような行動として返ってくるか。それも理解できるようになった。

 

今日、第3講で受講生の皆さんの前でプレゼンしたことの本番があった。

 

二日前くらいまでは、夢の中でまで困って立ち往生している自分がいた。(明らかにアソシエイトしていた。)

 

実際怖くてしょうがなかった。

 

前日、管理職に事前にプレゼンした。不思議と緊張はなかった。(この時から、ディソシエイトが始まっていた)

 

校長からは、「伝えるべきことを伝えて、問題点には切り込んでください。」

と言われた。

 

当日朝には、教頭に、会議の内容について確認した。

 

そして、放課後の本番。

(へそにふたをして、芯を通して、状態管理をし、視線をフラットより少し上にして)

会議室に入った。

 

各科の代表の先生方の顔が、本当に優しく見えた。

何も困ることはなかった。

自分の準備したことを信じた。

自分が取り組んだことを信じた。

各科の代表の先生方のことを信じた。

 

その結果だ。

 

「発信源は自分」

相手を、自分を信じていることを発するのは正に自分なのだ。

 

最後に、

毛利先生をはじめ、アシスタントの野上先生、藤岡先生

 

たくさんの経験をさせていただきました。ありがとうございました。

 

また、一緒に受講した仲間の皆さん、ありがとうございました。

 

このような出会いをつないでくれた妻にも感謝します。

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想