0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

この講座の恐ろしい所は、何気ない会話から本質に迫るところ

【HMレジリエンスコーチ養成コース3期1講 感想⑧ O先生 石川から参加】

 

再受講のレジリエンスコース(正確には再々受講?)に運良く参加でき、

第1講を終えて思う事は一つ、『今回こそ自分と徹底的に向き合うぞ‼』という事だ。

 

仕事上どうにもできない閉塞感に支配されていた時に保健室コーチングを知り、

学び、変化してきた自分。

その想いを自分に関わる人に伝えたいと思いながらも、これまで言葉にする事に難しさを感じてきた。

 

レジリエンス第1期はベーシック、アドバンスの流れから勢いで受講したが、

その段階から自分の中で消化できないものを感じていた。

 

1期の補講で参加した2期でもその想いは変わらず、

前回より学びを整理できた感じはしたが自分の求める答えにはなっていない消化不良感が残った。

 

そして『自分はKだし、学びは人の為ではなく自分のためだから理解できないのだろう』

と高を括っていた。

 

そんな自分が3期に参加してその1講で何が問題かやっと気付いた。

それは「自分との向き合い方が半端だったという現実だ。

 

 

ワークを振り返ると

『「伝えていく力」「影響力」とは肩書きやスキルではなく、

自分とどれだけ向き合って、自分の現実で実践してきたかによって培われます。

どうぞ皆さんの本気を見せてください。』

というテキストの始めにある先生の言葉がずっしりとのしかかってきた。

 

これまでは学ぶことが解決の糸口と考えていたが、

本当に大切な事は、自分自身の課題と向き合う事、覚悟を持って動くことなのだと

今更ながらに気付いたのだ。

 

3期の受講生の方々とワークを通して交わる中で、

日頃聞くことのできない自分自身に刺さる言葉に触れ、

コーチしてもらうことで自分の想いを言葉にし、

自分の望む状態、無意識に感じていたものを形作る作業を通し問題に気付けたのだ。

 

この講座の恐ろしい所は、

何気ない会話から本質に迫るところスマホのOSの更新問題等…)

子どもの変化は私の変化なくしてはあり得ない。

 

今回こそ覚悟を決めてやって行きたいと心底思った。

受講生の皆さま、姫先生ありがとうございました。

 

これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想