0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

menu

受講生の声

何かここから始まるものがありそうです。

【保健だよりにあなたの願いをのせよう ~伝わるメッセージの書き方~ 感想⑤】

M先生 宮崎から参加

 

先生の著書を読ませていただき、

第1章にあった質問項目、養護教諭としてのビジョンを

今年の2月と6月に自宅で書き出していました。

 

今回の講座の中でも書き出す時間があり、グループでシェアする場面がありました。

 

書いた時には一度も出てこなかった言葉が、

喋っている時には何度かでてきました。

「あなた何度か「特別」って言葉を使ってる。純粋な頃に感じたことは、キーワードだよ

先生が気づかせてくださいました。

 

自分ひとりで考えていた時はでてこなかったワードが、

先生からお題をいただき、自分の言葉で伝えようとした時に、

安心して話せる人のお陰ででてきました。

 

翌朝になって、この「特別」というキーワードから

12歳〜14歳頃のあまり思い出したくない記憶がみるみる出てきて、

「そういう意味だったのか〜」と思いました。

 

といっても、私が養護教諭を目指した理由と関連があるなぁと感じただけで、

今はその段階までです。

 

全部つながったわけではないのですが、私にはずっと蓋をしていた記憶があって、

(なんだか今なら思い出しても大丈夫そうな・・・でもよく思い出せない・・・)

という感じでした。

 

しかも、この日「記憶がみるみるでてきて」って自分で書いてるのに、

今日はもうそれがあまり思い出せないです(?)。

 

何かここから始まるものがありそうです。

保健室コーチングベーシックをぜひ受けたいと思います。

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想