0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

マイページ

menu

受講生の声

「自分も友達も大切にしたコミュニケーション」 中学生の感想

愛知県H中学校での中学生向け講演感想

テーマ:「自分も友達も大切にしたコミュニケーション」

 

<1年生>

・ちょっとしたことでおこる友達は、本当の友達じゃないと聞いてたしかにそうだなと思いました。自分の友達の中には一人、二人そういう人がいます。あまり仲良くないので少し安心しました。私は自分的には「コミュ障」なので、あまり友達がいません。だから今いる友達との関係を見つめ直していい友達関係を作っていきたいなと思いました。たまに人前で話す時とかあって、本当にイヤだなと思います。いつか人前でもふつうに話せたらいいなと思いました。他に言葉だけじゃ伝わらない話しを聞いてたしかにそうだなと思いました。私の友達とお姉ちゃんの中にもそのせいで学校に来なくなった子がいるから、その子たちも今日の話を聞かせて学校に来れたらいいなと思いました。友達って大切なんだなと思える話しが多かったので、自分もがんばって友達を増やしていきたいと思いました。そのためにもう少しこのような話をたくさん聞きたいなと思いました。言葉だけでなくいろいろな物で友達とコミュニケーションしたいです。

 

・学校保健委員会で特に印象に残ったところは、自分の思っている意味と相手が思っている意味は違うというところと、自分の言いたいことや考えは直接言わないと伝わらないということです。自分が思っている意味と相手の考えている意味が違うということがわかって、相手にわかりやすいように説明をしたり、意味が違ったとしても受け入れる必要があると思いました。自分の考えは直接言わないと伝わらないという話を聞いて、私はLINEやメールで友達に話すことが多いので、伝わっていないということを知った時、とてもおどろきました。ビックリマーク(!)や、絵文字をつける時と文の最後に何もつけない時があるので、もしかしたら相手が気にしてしまったり、心配してしまったりしたかもしれません。なので、大事なことや自分の気持ちは相手の顔を見て、直接話しして伝えようと思いました。

 

・今日の学校保健委員会はしっかり相手の顔を見てコミュニケーションをとることの大切さが分かりました。私もLINEでたまに勝手に妄想をして考えこんでしまったりなやんでしまうことがありました。けど、考えすぎずに相手にしっかり聞いたりしなければいけないなと思いました。これからは必要な時以外はなるべくLINEを使わずに相手の顔を見て話したいと思います。自分自身についての考え方は前まではあまり好きではなかったし、自分の良い所に目を向けようとしていなかったけど、もっと自分自身と向き合って良い所をたくさんみつけたいなと思いました。これからは相手や自分自身としっかりと向き合って、もっと良い学校生活が送れるようにしていきたいです。

 

・私は今まで自分の事を失敗したからダメだとか、自分がこう行動したら相手がどのように思うか気にしながら過ごしてきました。だから話しを聞いて、もっと自分のよりたいことをやっていってもいいんだと少し楽になりました。今回、特に印象に残ったところは自分の思っていることと相手の受け取り方の違いの話です。自分の思っていることと相手の受け取り方には違いがあるから、それを理解することが大切なのかなと思いました。怒ったことはほんの小さなことでも自分のもうそうによって自分の心をなやませてしまうことがあるという話も印象に残りました。私も自分ももうそうによって悪い方向へと考えてしまったことがあると感じ、これからはコミュニケーションによって自分の思ったことをきちんと伝えられるようにしていきたいです。今回の学校保健委員会で人との関わり方の考え方が変わりました。これからは今日の学習を生かして上手にコミュニケーションをとっていきたいです。

 

<2年生>

・今日の話を聞いて、自分のことを見つめ直すことができました。話しの中で自分の意見を言葉にせず、人に分かってもらおうとする「さっして」のことが印象に残っています。私もそういうことがあります。態度や行動で人に分かってもらおうと思ってしまう時がたまにあります。しかし、今日の話を聞いて自分の言葉で言っても伝わらないことがあるのに、言わなければ全然何も伝わらないということを学びました。これからはしっかり言葉で相手に自分の気持ちを伝えるようにします。また、私は「他人の求め」を中心に生きている自己肯定感が低い人だと思いました。「人に嫌われないように」ではなく、自分の意見、気持ちを大切にして生活していこうと思いました。

 

・私は今回の講演を聞いて、他人にどう思われるかで悩んでいる中学生がいると聞いて驚きました。自分もときどきマイナス思考になってしまうときがあるけど、ネガティブが本当に悪いわけではないと知って、少し安心しました。自分の全てを好きになれなくても嫌な自分の席も用意しておいて、両方受け入れられるようにしようと思いました。大切なことは相手と直接分かり合えるまで話すことがコミュニケーションなんだなと思いました。自分の勝手な思いこみではなく、友達にきちんと聞くことが大切だなと感じました。学んだことをこれからの友達とのコミュニケーションで生かしたいです。今日は本当にありがとうございました。

 

・最初のアンケートの結果で、ありがとうが言えない人が全校の四分の一ぐらいいて、ごめんなさいが言えない人はそれより少し多かったけど、僕はどちらも昔は言えなくて今はそのときよりだいぶよくなってきたけど、言いたい事が素直に言えなかったこともあったので、今回の学校保健委員会で少し勇気がわきました。桑原さんの話で自分が思っている言葉の意味と相手が思っている言葉の意味が違うときがあるということがわかったので、僕が相手が使っている言葉の意味を勘違いしまいように注意したいです。友達だと思っている人に提案されたことに必ず従わなくてもいいということと、断ったらその友達に仲間外れにされたら、その仲間外れにした人は本当の友達ではないということがわかりました。妖怪さっし手などに寄生されないように気をつけようと思いました。

 

<3年生>

・一番印象に残っていることは、ネガティブの人とかが悩みをかかえているのとかは伝わってくるけど、ポジティブな人でも悩みをかかえている人は少なくないということです。ポジティブな人は何でも前向きで誰とでも同じように接し合うようなイメージが強いです。でも、実際は周りに出さない。だけど、難しい問題に立ち向かっている人もいるよなと感じました。やっぱりどんな人でも悩んで、時にはグチを言ってしまうときがあると思います。なので、それをどれだけ良い方向に変えられるかが大切なのかなと思いました。人と関わるときはできる限り相手の様子を伺いながら、言い方などを工夫して関わり合えるといいと思います。文字だけじゃわからないということは本当にその通りだなと感じました。もちろん、同じ場所にいないと姿を見ながら様子を伺うことはできません。なので、メッセージなどでやりとりをするときにはできるだけ伝わるように書き方や記号などを上手に使えるといいんじゃないかなと思います。自分もメッセージのときは相手に伝わるように直接話すときよりももっと気を付けたいです。

 

・「コミュニケーション」という大きなくくりの言葉の意味を一番考え直させられた時間でした。言葉は人間の五感を通して話すことで本当のコミュニケーションだということを思いました。LINEやメール、手紙など人間の話し言葉以外の会話方法は決して信じるなと心に刻み、決して大事な話しは面と向かって口から会話をしたいです。それでも人間の受け取り方の問題が起こることは自分の言いたい事、表現したいことに誤差があるからこそ生じるものであって、その問題をどうやって伝える工夫をすることこそ真のコミュニケーションをすると言えると思います。話したいことはしっかりと考えて受けとりやすい文章にすることも学べました。

 

・「さっし手」や「くれなイモん」など、人の感情をようかいにたとえていて、おもしろいなと思いました。先生方が絵を描いてる時は心理テストのようなものだと思っていたけど、「実際に自分の伝えたいことは100%は伝わらないこと」を証明していて実感することができました。

「私」はという主語を大切にしていきたいと思いました。桑原先生が実際に担当された学校の生徒の悩みも私達にとって身近なもので、小さなことで悩んでしまう点は共感できるなと思いました。LINEなどの文字から表現や感情を読み取ることは不可能だけど、やはり手軽なコミュニケーションの手段の1つなので、そこからたびたびトラブルが生じてしまうのはしかたがないと思いました。でも、それを言葉で解決するのが大切なのだと思います。

・私は自分の意見がなかなか言えないことが短所です。そして、その短所を直したいと前から思っていましたが、なかなか勇気が出ず、ずっと自分の意見を言い出せませんでした。今日、桑原先生のお話しを聞き、自分の意見を言うことの大切さと言い出す勇気をもらいました。私は級長会で意見を言う時、みんなと意見が根本から違っていて「こんなこと言ったらみんな困っちゃうよな・・・」と思い、みんなの意見に合わせていました。確かに人の意見に合わせていると苦しくなるのは自分だとよく感じています。自分のやりたい事とはちがうことをやるというのは、とてもつらかったです。でも、ほんの少しの勇気でこの辛さから解放される気がして、自分の意見をちゃんと言おうと思いました。明日の級長会からしっかり自分の意見を言い、より良い話し合いにしようと思います。

 

・私は今まで人が分かってくれないからその人が悪いと思ってしまう時がありましたが、今回の話しを聞いて、人のせいにする前に自分がどうすればいいのか考えてから行動するべきだと思いました。私は自分のいいところよりだめな事をすぐにみてしまい、自分ってダメだなぁとよく思っていましたが、自分のいいところにしっかりと目をむけてダメなところがあっても自分にもダメな所があってもいいと自分自身で自分の事をもっと受けとめていきたいと思いました。なやんだりすると人に相談せずに自分だけで解決しようとしてしまうので、もう少し他人をたよれるようにがんばっていきたいと思いました。

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想