0568-70-0641
営業時間 / 平日 9:30〜16:00
時間外受付 / 090-2684-4581

マイページ

menu

受講生の声

姫先生は「喪黒福造!」 ドーン!とやられたような衝撃でした!

【保健室コーチングベーシックコース東京4期 気づきレポート I先生】

 

最初は、保健室で生徒と関わるために、学べればと思っていましたが・・・。それだけでは終わりませんでした。

3講目に自分の問題(課題)が噴出。生徒を通して私の人生があぶりだされてきました。

チャングアップ・ダウンのワークをするまで、まったく気づきませんでした。

 

「いい子になる」→「おうちの人に褒められる」→「もっと頑張る」→「おうちの人に褒められる」

自分でもなんだこれは・・・と思っていました。

 

姫先生に「完璧を目指して頑張りすぎてる。」と。

3学期に入り「失敗するのが怖い」「先生に叱られたらどうしよう」という女子が何度も来室していました。

その話をすると,

先生に「それは、自分だよ」と言われました。

 

「ええ~っ!!」頭はパニック!

「え?私なの?!まさか~」と半信半疑でした。

でも、帰りの電車で「あ~泣いている彼女は私だ。」と腑に落ちたのです。

最終日も衝撃的な内容でした。

ポジションチェンジのワークでは、最初はきれいごとばかりを言っていました。

先生とアシスタントの人の協力を得ながら、「自分の正しさを認めてもらおう」としている自分にも気づき、

そこからまた、自分が隠していた「怒り」に気づくことが出来ました。

私は生徒が教師に大声で叱られている場面になると、いつもイライラし、どうしようもなかったのです。

「そんなに大声出すこと?」

「みんなの前で怒ること?」

「それ関係ないことじゃない?」等。

 

特に理不尽な指導を見たときは,その感情をもてあまし、いつまでも引きずっていました。

確かにいつも同じパターンで怒りが出ていたのです。

姫先生が

「昔、『なんで私ばっかり』って思ってたでしょ。」と言った言葉にハッ!としました。

 

 すべてが1本の線でつながると言うか,謎が解けたと言うか・・・。

うまく表現できませんが、

 まるで、アニメ『笑ゥせぇるすまん』喪黒福造に「ドーン!」とやられたような衝撃でした。(笑)

今回は、「理不尽」と「なんで私だけが」のトリガーが見つかりました。

 

ベーシックコーチングが終わった翌朝、職員室に行くとすぐに、リストカットの生徒の話をされました。

保健室に来る子は、みんな私。そう思って関わっていこうと思います。

そして、保健室で「いい子をやめた」と声に出して宣言しました。

これからどんな自分(=生徒)に出会うのか,どんな自分も受け容れていきたいと思います。

 

私がワクワクすること考え続けます!

本当にありがとうございました。

 

pagetop

講座申込
お問い合わせ
講座依頼
受講生の感想