HOME > 姫先生のおめめ > 小学生の感想「人のせいにするのではなく全責任は自分にあるということを学びました。」

小学生の感想「人のせいにするのではなく全責任は自分にあるということを学びました。」

Goo版のブログ「姫先生のおめめ」は 2004年から書き続けている人気のブログです。 時々、こちらのブログでも過去の人気記事を紹介していきます。     今日紹介するのは、2015年7月に愛知県瀬戸市の小学校で講演させていただいた際の   子どもたちの感想と保護者の方の感想の紹介です。     ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/18

ニュースレター配信しました。「自分を嫌う」とどうなるの?

ニュースレター 10月14日号 配信しましたよ!   今回は、10月ということで、ハロウィンにひっかけて 日本の妖怪(というのかしら) 魑魅魍魎についてのお話です。   私自身、魑魅魍魎ということばは聞いたことがあっても 単に妖怪だと思っていたのですが 違うんですね   日本語ってすごい ちゃんと一つ一...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/10/14

子育てで困っているんですけど、どうしたらいいですか?

PTAの講演をすると、質疑応答で   「うちの子、こうなんですけど、どうしたらいいですか」という質問が出る   「うちの子、こうなんです」ということ自体が、親の解釈の話   親が正解ばかりを求めてどうする   子育てに正解などあるものか   正解しかやらないという大人が 子どもに失敗を恐れずチャレンジしろと...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/06/28

学校保健委員会で講師を招く際 大切なことは?

  学校保健委員会の講演依頼を毎年山のようにいただきます。   依頼フォームの「現状」のところと「期待する成果」の部分に何がかかれているかで、   養護教諭として専門的立場でしっかりと子どもたちの現状を観ているかがわかります。          ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/06/26

変化を受け容れることができないから苦しいだけ

なんか、この6月、みんな変化の時みたいですね。 ? 周りでいろんなことが起きているし、私自身も大きな変化の時を感じています。 ? アイシンの先生も、この6月、何が起きるかわからないって言ってた。 ? 私も、止まったり動いたりでいろいろだけど、荒島先生がいつもおっしゃっている ? 「一番いい形になるのよ」...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/06/09

フューチャーマッピングコーチングの感想をいただきました。

フューチャーマッピングによる個人むけコーチングの 感想をいただきました。   フューチャーマッピングとは、かつて全脳思考とよばれていました。   フューチャーマッピングは、神田昌典さんが開発された 物語の力を借りて、自分の未来を描いていく 画期的なツールのこと。   桑原は、このツールを活用するファシリテーター講座...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/06/01

おとなが変わることが先決

子どもたちの元気な心を育てたいなら まずは大人から!あなたから!   子どもたちの生きる力を育てたいなら、 まずは大人から!あなたから!   平和な世界を創りたいなら まずはあなたの心の中の戦いを やめるところからはじめなければなりません (株)ハートマッスルトレーニングジムは、その方法を、全身全霊でお伝えします。  ...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/05/13

幸せになるのではなく 幸せを感じる心であるかどうか つまりは自分しだい

幸せはなるものではなく、「感じるもの」と、よく言われます。   自分が幸せでない理由を 「◎◎がない」からと考える人は、   ずっと不幸以上幸せ未満     自分がうまくいかないのは、人のせいだと思っている人も   ずっとずっとそのまんまだ。     落ちることはあっても、...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/05/08

アクティブラーニングの協働作業を活性化する「VAKシステム(VAK)」の概念

教育現場で盛んにいわれるようになった   「アクティブラーニング」   このアクティブラーニングですが、 脳科学、コーチング的な視点から見ても   非常に興味深い学びの方法だと感じています。   弊社は、教員向けの研修や講座を多く扱っているので、もちろん、   アクティブラーニングについて...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/03/13

成長しない人は、電子レンジ思考。成長する人は、完成品の成り立ちや仕組みを探求する。

? 完成したものをほしがる人、けっこういます。     成長しない人の典型です。     自分の脳の中が、人から得た情報でいっぱいで、何一つ本当に自分のものとして使えない。     何かを書いても、ほとんどが、他人のことば。   &n...
詳細はこちら

[最終更新日]2017/03/09

1 / 3123
TO TOP