HOME > 姫先生のおめめ > 本来の自分で生きようとするとき、「失う恐怖」に出会うこともある。

本来の自分で生きようとするとき、「失う恐怖」に出会うこともある。

何かをカタチにしようとするとき、脳と心とからだが、バラバラであったら、願いはカタチになりません。

 

いろんな負の感情も みとめたくない自分の姿もあるけど

 

それらと向きあって、日常の中で取り組んでいくことができないならば、

 

いつまでたっても

意志(脳下垂体)と心と体は、同調していかないんです。

 

2010年 私が大きく変化するきっかけとなったワークの記事

 

http://blog.goo.ne.jp/hime1961/e/dffa99588e3fa9045ccca45f706e867e

TO TOP