HOME > 姫先生のおめめ > ソーシャルスキル教育×構成的グループエンカウンター×保健室コーチング

ソーシャルスキル教育×構成的グループエンカウンター×保健室コーチング

3月4日、第5回全国保健室コーチング研究大会 ~春の実践報告会~ では、

 

4名の発表者が保健室コーチングの概念や質問カードや人生の魔法カードなどの現場実践報告を行います。

 

今日は、その中の小田先生の実践発表の原稿を拝見させていただき増した。

 

小田先生は、かねてより、養護教諭の立場からソーシャルスキル教育に取り組み、また、校正的グループエンカウンターも熱心に学んでこられました。

 

今回、原稿を見せていただき、すごい!と感じたのが

 

ソーシャルスキル教育に校正的グループエンカウンターと

 

弊社のHMレジリエンスメソッド(質問カード、キャスティングマップ、あるあるレンジャーカードなど)を組み合わせ

 

独自の授業や教育相談の実践をされている点。

 

そして、その実践の成果。

 

あるあるレンジャーを活用した実践では、Q-Uとの関連性にも言及していらっしゃいます。

 

実践が点で終わることなく、担任の先生の学級経営や児童理解にも広げていらっしゃることに

 

本当に驚きました。

 

この実践、ぜひ多くの方に聞いていただきたいと思っています。

 

見栄えの良い実践ではなく

 

子ども達の日常に寄り添った本音の実践です。

 

小田先生の他にも、

 

保健室コーチングの概念を活用した「児童集会」の実践発表、

 

掲示物や教材作成の実践

 

教師の授業や学級経営、生徒指導に対するコーチング的支援の実践など

 

についての実践発表があります。

 

堅苦しさを取り払って、本音の実践発表を

 

お聞きいただける大会です。

 

今回の大会は、1日のみで、実践発表と発表者を囲んでの

 

フリートークが中心となっています。

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

第5回全国保健室コーチング研究大会 春の実践発表会開催のお知らせ

 

 

 

TO TOP