HOME > 姫先生のおめめ > 教員時代のブログ記事(4)教師としての最後に立ち会った卒業式

教員時代のブログ記事(4)教師としての最後に立ち会った卒業式

教師として最後に立ち会った卒業式は、2008年3月。

 

合併のため、最後の卒業生を送り出すその卒業式。

 

最後の卒業生が、入学した時、

 

「小学校で学級崩壊を起こした学年」と言われての、いわば鳴り物入りの子どもたちでした。

 

しかし、その時の学年の職員集団は、

 

過去の延長として彼らを見るのではなく、

 

最後の卒業生として、どのように彼らの育ちを支えていくか?

 

最後の卒業生としての彼らの成長ビジョンを明確に持っていらっしゃいました。

 

そして、その先生たちの想いに、生徒たちは、心で答えて成長しました。

 

その集大成としての卒業式は、感動的でした。

 

http://blog.goo.ne.jp/hime1961/e/2db474ebd39db9b6795d5fefae7127e2

TO TOP