HOME > 姫先生のおめめ > 今までで一番感動した感想文

今までで一番感動した感想文

受講生の感想を読んでいてわかること。

 

 

ちゃんと自分と向き合っているかどうか。

 

 

 

ありたきりの聞こえのいい言葉なんてどうてもよくて、

 

生々しい言葉で書かれているかどうかで、わかるんですよ

 

 

どこまで自分を掘り下げたか。

 

 

上手な言い回しなんて求めていません。

 

 

生々しい自分のことばで書かれているかどうか。

 

 

私が今まで一番感動して、今でも思い出すと涙があふれそうになる感想文

 

小学校1年生の「いのちのたんじょう(あかちゃんがうまれるよ)」という授業をしたとき

 

もう、25年以上も前の1年生の作文

 

 

 

教師ウケのする上手な文章もたくさんある中で

 

一番感動したのは

 

ただひとつ

 

 

 

「おかあさん、だいすき」

 

 

 

 

と、一言だけ書いてあったその感想文。

 

 

すべてが凝縮されていた。

 

これ以上に感動した感想はいまだにありません。

 

 

 

受講生に求める受講の感想も

 

 

文章が長いとか短いとか、そんなこともでもありません。

 

文章力でもありません。

 

そこに乗っているエネルギーです。

 

 

コース受講生に感想を必ず書いて送ってくださいというのは

 

 

そこにその人の世界観とか、

 

心の中で起きた葛藤とか、心の中のエネルギーの動きとか

 

何を見たのか、何を本気で学んだのかわかるから

 

そこを表現することが、また一つの学びとなるから

 

 

 

 

きれいな聞こえの良い抽象的なことばでまとめられているものもあります。

 

 

自分の内側を、たどたどしくても、

 

 

混乱したままの文章でも

 

 

向き合ったものは、そこにその人の内面世界を知ることができます

 

 

それを表現することに手を抜いているのは

 

それだけで

 

その人の学びの程度を知ることができます。

 

 

 

 

 

TO TOP