HOME > 姫先生のおめめ > 校長先生に絶賛された保健室経営計画とは?

校長先生に絶賛された保健室経営計画とは?

HMレジリエンスコーチ養成コース第2期 第1講が終了しました。

 

   

 

このコースでは、

単にレジリエンスの理論やそれを授業として伝えるための内容ではありません。

 

教師として、それを伝えようとするとき、

自分の教師としてのビジョンやスタンスを明確にする必要があります。

 

ビジョンが明確で、そのために自分が今何をしているのかが明確な人は、

人に伝わる深さが違います。

 

単に流行だから、目新しいからと、飛びついて

どこかで誰かがやったものを、コピーして自己満足している限り

子どもたちの生きる力も

教師としての力量も信頼も

何も成果も進歩もありません。

 

表面的に見栄えの良いものが人を変化させるのではないのです。

 

レジリエンスの取り組みも同じです。

 

教師としてのビジョン

子どもたちをどう成長させていくのか、この子たちの未来はどうあってほしいのか)があって

 

そのために何をすればいいのかを計画していく必要があるのです。

 

教育現場は、新しいことをすることに意識を奪われがちですが、

 

本当に大切なのはなぜそれをやるのか、どうしてそれをやる必要があるのかを

 

自分の中で明確にする必要があります。

 

このような考えから

 

HMレジリエンスコーチ養成コースでは、

 

ビジョンを明確にし、自分の経営方針を明確にするという土台を大切にしています。

 

第2期第1講では、

 

1期生の竹内先生が、1期終了後作成した保健室経営計画についてお話をしてくださいました。

 

マッピングシートなど、コースで学んだものを活用して

自分の経営計画に落とし込まれています。

 

この保健室経営計画は、4月当初の職員会で、

 

校長先生に絶賛されたそうです。

 

人の心を動かすのは、いつも「本気」なのだと思います。

 

 

全国保健室コーチング連絡協議会HPに この動画をアップしました。

(閲覧には、会員登録が必要です)

 

校長先生に絶賛された保健室経営計画とは?

 

 

TO TOP