HOME > 姫先生のおめめ > 幸せになるのではなく 幸せを感じる心であるかどうか つまりは自分しだい

幸せになるのではなく 幸せを感じる心であるかどうか つまりは自分しだい

幸せはなるものではなく、「感じるもの」と、よく言われます。

 

自分が幸せでない理由を 「◎◎がない」からと考える人は、

 
ずっと不幸以上幸せ未満

 

 

自分がうまくいかないのは、人のせいだと思っている人も

 
ずっとずっとそのまんまだ。

 

 
落ちることはあっても、あがることはない。

 

 

 

何かになろうとして次々と何かを得ようとして

 
複雑な自分を作り上げる人も

 
同じ。

 

 

ずっと満足しない。

 

一つのことをやり続けてそこから得たものは、

 
自分の中から生まれたもの。

 
どこかのすごい肩書を持った人が言った言葉ではなくも

 
内側を満たしてくれるのだと思います。

 

 

内側を満たすことがまず大事で

 
内側が空っぽのままで

 
どんなに外側を着飾ってもあかんのよ

 

幸せを感じることができない人は、

 
外側ばかり見ているからかもしれないです。

 

内側にあるたくさんのものを見つけるために

 
スキルは不要です。

 

ただ「どうあるか」だと思います。

 
5月3日ー6日 孫たちと触れ合って、たくさんの幸せを感じて帰ってきました。

 

 

 

握った手の温かさ。きれいな自然。笑顔。おいしいごはん。

 

 

 

幸せはいつも自分の心が決める。

 

? ? ??

? ??

? ? ??

 

 

TO TOP