HOME > 姫先生のおめめ

スキルではなく状態管理が傾聴の精度を上げる。

1月14日から 保健室コーチングベーシックコース名古屋8期が始まりました。

 

愛知、奈良、滋賀、三重からご参加いただいています。

 

第1講を1月に2日間 第2講を2月に2日間 第3講を3月に2日間。

 

1つ1つの講の間を約1か月空けて、合計6日間のチャレンジが始まります。

 

1か月空けるのは、1つ1つの講で学んだことを、現場で実践し、次の講でそのシェアをし、より理解を深めていくためです。

 

第1講は、スキル以前の「脳科学」の理論を、レクチャーと検証(理論を体感する実験やワーク)で、学びます。

 

脳科学の視点から、子どもたちの問題をどのようにとらえるのか、

 

どんなアプローチをしていくことが効果的なのかを、スキルではなく、理論として学ぶのです。

 

原理原則の理解なく「やり方」だけを学んでも、カタチだけのかかわりで終わってしまいます。

 

2日間で一番盛り上がったのは、状態管理。

 

傾聴は、うなづくとかおうむ返しとか、いろいろスキルを学んだ方も多いと思うのですが、

 

保健室コーチングでは、スキル以前の「状態管理」を徹底的に行います。

 

傾聴は「ニュートラルに相手の話を聴く」っていうのは、基本中の基本なんですが

 

どんな状態が「ニュートラル」なのか、言葉だけではわからないですよね。

 

「自分の感情と相手の感情を分ける」って言われても、それが本当にできているかどうかってわからないじゃない??

 

「経験積めばできるよ」って言われても、目の前にはもう、課題を抱えた子どもたちがいるわけです。

 

保健室コーチングでは、状態管理って難しいことばを使っていますが、

 

それを実感するワークは、実にシンプルで 且つ、楽しく学べる工夫がされています。

 

状態管理をする前とした後の「ビフォーアフター」をしっかりと体験できます。

 

名古屋BC8期1講 (14)

 

 

状態管理のワークは、爆笑続きで、こんなに大切な概念を、

楽しく学べるのが、保健室コーチングの楽しさなんですね。

 

名古屋BC8期1講 (5)  名古屋BC8期1講 (4)

 

受講生さんからは、

「ほんのちょっとのことで、こんなに相手の影響を受けないなんてびっくり!」

「これがニュートラルっていう感覚ですね!実感できました。」

「 イメージを使うだけで、体が温かくなり、足までポッカポカになりました。」

「早く学校で子どもたちに会いたい!という気持ちになりました。」

「自分が相手の感情に入り込んでしまう瞬間も感じ取れて、戻すことができました。」

等の声が上がりました!

 

ふしぎなんですけどね。ちょっとしたことで変わるんです。

それは脳の仕組みとか、ひとの想いの力の原理原則を使っているから。

 

この状態なら、子どもたちに「先生なんか大っ嫌い」って悪態疲れても

まったく動(どう)じません。(これも実験してもらいました)

 

この状態を現場でもしっかり作って子どもたちにかかわると

子どもたちが、自分で話をしていくうちに、客観性を取り戻します。

 

第2講では、具体的な傾聴の方法と、傾聴しながら、子どもたちの思い込みや

不合理なX=Yに気づくためのアプローチを学びます。

 

保健室コーチングの学び方って・・・

アクティブラーニングなんですよ。

 

それは、2講、3講を通して、より強く実感していただけると思います。

 

名古屋BC8期1講 (8)

 

保健室コーチングの学び方はアクティブラーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

[最終更新日]2017/01/17

TO TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。