HOME > 姫先生のおめめ > 誰にとっての正解なの?

誰にとっての正解なの?

あのね

 

人が苦心して 試行錯誤して作ったもので

 

うまくいったものだけを使って、

 

子どもたちに伝えようとしてもね

 

無理なの

 

正解は自分で作るもの

 

試行錯誤して、「これか!」と思ったものですら
相手が変わると、それを変化させていく必要がある。

 

初めは誰かに教わっていても、

 

それをもとに最後の正解は自分で出すんだよ。

 

その作業を嫌がっていては、本当の自分の正解は

 

永遠に得られないの。

 

そのことがわかる人が、目の前の人の意識を変えていく。

 

人が作ったものを使って正解を出そうとしても

 

無理なんだよ。

 

それに気づいた人が、変化していく

 

変化したその体験が、

 

人を変化させる。

 

誰かのものを使って何とかしようと思っているうちは

 

プロじゃないよ。

 

 

 

 

 

 

 

TO TOP