プロ

 

 

DL197_L

 

今日は、とある打ち合わせで

この人スゴイなって マジでプロだわーって感じさせてもらいました。

 

自分の仕事にどれくらいの本気度があるかって

話をしていると分かります。

 

いや、今日は打合せをしながら、

打合せ以上のものがありました。

 

自分が陥っている限定的な視点とか

想いと違った動きになってしまっているとか

いろんなことを発見できました。

 

本物のプロというのは、

分野が全く違っても、本気で仕事に向かう人であれば

分野の違いなど全く関係ないことも

改めて認識できる機会でした!

 

自分が何をする人で、そのために今目の前のことを

どのようにするのが一番いいのかを

迎合することもなく、突っぱねるでもなく

ただ一ついい仕事をするっていう想いの元

創り上げていくんですね。

 

本物で 本気で自分の仕事に取り組んでいる人だから

徐々に、想いを引き出され

あいまいだった到達点が明確になり、

絞り込まれ、ばらばらとしていた思考が

集約されていくんですよ。

 

 

ほんでもって、気が付くと、そこにいた3人が

同じ方向をちゃんと向いて、それぞれがすべきことも

明確になってさ、

本当に本当に スッキリするわけです。

 

コーチングとか学んでなくても、

それ以上のことをされているんです。

だって、自分の仕事に本気で取り組んで

「現実」やっているから。

 

今日打ち合わせした3人は 体感覚(K)でしたね。

相手の方が、「しっくりこない感」でもって

コトバを繰りながら、引っかかりながら、一つの想いにしていくその感覚が

感じられたのですわ。

練り上がっていくその過程も、すごいけど

一つの方向性が見えた時のしっくり感、コトバにならないけど

「マジでいい!!」っていう感覚ですわ。

 

自分は何をする人で

どう仕事と向き合うのか。

譲れないポイントは何か。

何をもって「納得できる仕事」といえるのか。

 

それが明確な人とご一緒させていただけることは

本当に学びになります。

多くの人が彼に仕事をお願いしたいって思うのは、当たり前ですよね。

 

 

 

TO TOP