HOME > 講座

講座

(株)ハートマッスルトレーニングジムの講座でお伝えしているのは

みなさんがこれまでに学んでこられた 手法や心理学、指導法、自己啓発など

様々なものを束ねる「原理原則」です。

引き出しを増やすことは大切なことですが、1000の引き出しがあっても困ってしまいます。

しかし、1000の引出の入り口を3つ、多くても5つに束ねることができれば、

これまでのあなたの学びを現場の様々な場面で応用できるのです。

弊社の講座の人気の秘密は

スキルや手法や流派を超えた「原理原則」を

ワークで実感し、現場ですぐに活用できること。

楽しい学びを通して、

受講される方とその先にいらっしゃる方々のレジリエンス(しなやかに生きる力)をたかめます。

 

あなたが講座で体験したことは、そのままあなたの影響力となります。

頭でわかっていたことを、体感的理論に結び付け、体験的に理解していたことを理論で確認する。

 

それを日常で実感することで、人生を豊かに生きるチカラに変換することができます。

 

 

Print Print

 

保健室コーチング

保健室コーチングは、「現場」の実践と検証で生まれたアプローチ法です。

最近、教育の現場で言われ始めた「レジリエンス(しなやかに生きるチカラ)」を高めるための理論と手法が満載!と注目されています。

さらに、養護教諭が感じている現場でのジレンマ

「受容と共感だけでは、何も前に進まない。」

「話を聴き、共感することで、負の思い込みをますます膨らませてしまう生徒たちをどうしよう?」

「過去の話ばかりする生徒の気もちを、前に向かせるための方法は?」

「深い悩みを持った生徒に対応することで、自分が疲弊してしまう。」

に、脳科学の理論をもとに明確な答えを提示し、支援する側のレジリエンスも高める・・・これが保健室コーチングです。

保健室コーチングは、NLP心理学・脳科学・認知科学をベースとし、「五感の使い方と能力発揮」「思考(想念)-言語-身体システム」を

教育的視点から取り上げた生きるチカラ(レジリエンス)を高める教育的アプローチ法。

支援する側は「伴走者」として、相手を可能性のある存在として扱ってアプローチをします。

「言語」で表現できない子どもたちがやってくる保健室でのアプローチに教育的な効果を上げています。

 

保健室コーチングを動画で学ぶことができます!

・たった10分で変化が起きる!「保健室コーチング」誕生の背景 

・既存アプローチの限界と新しい教育の視点

・「生きるチカラを育てる保健室の関わり方」 

・NLP心理学と保健室コーチング 

 

 アドバンスコース修了生の現場実践をyoutubeで配信中!

保健室コーチング 実践事例 ~喘息発作を繰り返す女子生徒がコーチングで安定!~

 

 

自己と向き合い、日常、仕事、人生に変化を起こす講座

あなたのお仕事の「現場」、あるいは「人生そのもの」に変化を起こす様々な理論と手法を、実践的・体感的ワーク中心で学ぶ講座です。

「スケジュール管理とタイムマネジメント」

「生きづらさ」

「自己肯定感」

「コミュニケーション」

「ストレスマネジメント」

「アプローチグッズ活用法」

「願望実現」

「自分らしさ」など、様々なテーマを掲げて、実践的な内容の講座を開催しています。

 

TO TOP