HOME > 投稿 > 「心のアプローチグッズ」活用説明会&体験会(愛知・豊橋)
Print This Post Print This Post
2015年7月開催 その他の講座

「心のアプローチグッズ」活用説明会&体験会(愛知・豊橋)

心のアプローチグッズって何?

考案者の保健室の現場体験と保健室コーチングのワークから生まれた「子どもたちの心を開くカード」をこう呼んでいます。

現在、以下のカードがあります。

 

「質問カード」 (カラーバージョン、飲み会バージョン)

「人生の魔法カード」(大判タイプ・トランプサイズ…内容は同じ)

「あるあるレンジャーカード」

「キャスティングマップ~人間関係を視覚化~

 

その他、この講座に限定して、資格コースで学ぶカードの使い方もご紹介します。

ふみふみリフレーミングカード (子どもたちの混乱を整理するカードです。非売品。保健室コーチング資格コースでのみお伝えしています。)

 

心のアプローチグッズの特徴は?

ハートマッスルのアプローチカードは、脳科学や心理学を背景理論とした実用的なカード。

様々な視点から子どもたちの心の奥にある想いを引き出します。

考案者が教育現場で子どもたちの心とからだに向き合ってきた経験が、アプローチグッズに生かされています。

そして、

「だれでもすぐに使えること」

「特別な資格がなくても、楽しいコミュニケーションツールとしてどこでも活用できること」

「それぞれの現場で、自分なりの柔軟な工夫ができること」

 

hm06  hm08  IMG_2328

IMG_2656  hm11  hm010

 

もちろん、すでにコーチやカウンセラー、セラピストとして活動されている方は、

このカードからさらに深いアプローチもできます。

 

すでに、購入され、教育現場で活用されている方や

家庭でお子さんとのコミュニケーションに使っている方からは、

驚きの声が上がっています。

※カードを使った現場での事例は  明治図書「保健室コーチングに学ぶ養護教諭の現場力」の中にたくさん掲載されています。

 

講座の参加者特典は魅力的!

※参加者全員プレゼント 「ふみふみリフレーミングカード」
(子どもたちが自らの問題に取り組み、自ら答えを出す画期的カードです。現在、資格コースでのみ学ぶことができる手法です。)

※妖怪ポスター特別販売(子どもたちがついつい使ってしまう「幸せを逃すコトバ」を妖怪イラストとともにポスターにしてあります。)

※割引価格でカード類や出版物を購入できます。

 

2015-01-12-06-47-37_deco     HERATMUSCLEPC - WIN_20141103_113757

 

これまで 活用説明会に来てくださった方の感想を動画で見ることができます!

https://youtu.be/m8OfVZ5r9Yo

https://youtu.be/yR_si7A-OxE

https://youtu.be/2tmaEw8CP34

https://youtu.be/RgRtlApOW1s

 

すでに購入したけど、もっと楽しい使い方ない?という方

興味あるけど実際に使ってから、購入を決めたいわという方

自分自身が、カードのクライアントの体験をしてみたい!! という方。

ぜひお越しください!

 

 

アイプラザ豊橋

http://www.aiplaza-toyohashi.jp/access/

無事終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
お申込み受付開始までしばらくおまちください。

予約受付中開催日

会場

アイプラザ豊橋

受講料

2000円

定員

30名

講師

yasue

 

毛利恭枝   (ハートマッスルトレーニングジム認定 保健室アドバンスコーチ)

看護師を経て、石川県の高校養護教諭となる。子どもたちの感情に振り回されないニュートラルな対応で職員・生徒から厚い信頼を受ける。在職中に保健室コーチングに出会い、保健室アドバンスコーチ資格を取得。結婚後、退職。現在岐阜県多治見市で「たじみわくわくスクール」事業を立ち上げ、主宰として活躍。
現在、(株)ハートマッスルトレーニングジムの協力断代として、2日間速習コースなどを担当。おだやかな語り口調で受講生の心にすとんとおちるレクチャーとワークが好評

http://wakuwaku-brain.jimdo.com/

こんなあなたのために

・相談活動や面談で、短時間で相談者の本音を引き出したい。

・自分の想いをうまく表現できない子への関わり方を知りたい。

・子どもの内面理解の方法を知りたい。

・わが子とのコミュニケーションがうまくいかないと感じている

・子どもたち主体的に解決策を考えるアプローチ法を知りたい

・自分の悩みを整理したい

・カードの使い方を詳しく知りたい。

・たくさんの問題を抱えた子どもたちに効果的なアプローチがしたい

・相談者の悩みを聞いているとついつい入り込んでしまう(共感疲れを起こすことがある)

・保健室にたくさんの子どもたちがやってきて 対応に困っている

・保健室登校や別室投稿の子どもたちへのよりよい対応方法を探している

・コーチング的アプローチに興味がある

・より効果的な教育相談の方法を探している。

・自分の迷いなどに活用したい。

・カードを購入したが、どのように使ってよいのか迷っている。

この講座で得るもの

○子どもたちの本音を引き出すための脳科学的な理論を学ぶことができる

○相手の問題と自分の問題を分けて聴き、ニュートラルに対応する方法がわかる。「

○短時間で子どもたちが、本音を話し出す画期的な方法を学ぶことができる。

○保健室登校、別室登校の子どもたちが楽しみながら自分自身の内面に気づく方法を学ぶことができる。

○学級活動における他者理解 自己理解に応用できる方法を学ぶことができる

○自分が迷った時に、活用できる方法を学ぶことができる。

TO TOP