HOME > 教育相談活動勉強会

教育相談活動勉強会

脳科学の理論と現場経験から生まれた新しい教育相談ツールを活用し、
「子どもの潜在的な課題や願い」を引き出す手法を学びます。
また、相談事例を関係者と共通理解するためのコツと
事例を視覚化できる最新ツールも手に入ります。

講座開催年間スケジュール

時 間 6時間 / 受講料3,000

プログラム内容

  • プログラム風景写真
  • プログラム風景写真
  • プログラム風景写真

オリエンテーション

30分

支援者としてのスタンス

30分

アプローチの成果を決める非言語的コミュニケーションについてレクチャーで学びます。

人生の魔法カード

60分

潜在意識下にある願いや悩みを引き出すための脳科学理論と使い方、現場での活用事例

質問カード

60分

よい質問の必要性と効果性を理解するためのワークとカードの使い方、現場での活用事例

キャスティングマップ

60分

言語化しにくいことを引き出したり、視覚化することの効果性とカードの使い方

あるあるレンジャーカード

90分

脳科学の視点から見た自己肯定感のとらえ方、自己イメージのリフレーミング法、現場での活用事例

振り返り

30分

受講者の感想

これまでの研修会とは全く違う!脳科学の視点から納得!
【2016年 3月開催 奈良教育相談活動勉強会】   ◆今までいくつかの教育相談の講座や研究会に参加してきましたが、自分自身、疑問が残っていました。しかし今日は、理論がとても理解でき、私自身も今までの疑問も(脳科学的な理由もあり)晴れた気がします。「ことば」の大切さも改めて感じたので、来年度の学校保健の取り組みの中にぜひ取り入れ、活用していきたいと思います。   ... 2017年9月14日詳細を読む
教育相談活動勉強会 in 松本 ご感想
・カードの使い方を具体的に知ることができてよかったです。体験することによりわかしやすかったです。子どもの顔を浮かべてながら、あの子につかえるかなぁ、つかってみたいなぁ・・と思う研修でした。久しぶりに会う養護教諭もおり、充実した研修でした。   ・カードを使い、少し離れたところから見ていたり(入りすぎない、言い過ぎない)、例えてきっかけをつくるなど、今の保健室での指導方法を見直... 2016年6月21日詳細を読む
TO TOP