HOME > 受講感想 > 幸せマネジメントIN大阪感想 『知覚動行、原点回帰、原理原則』すべてに結びつく学びでした。

幸せマネジメントIN大阪感想 『知覚動行、原点回帰、原理原則』すべてに結びつく学びでした。

1学期の健康診断まっただ中の忙しい中、『行く。やる!』と覚悟を決めて、参加した幸せマネジメント講座! 『行った価値、あったーーー!』というのが正直な感想です。 すべてに結びつく学びでした。土台を確認することができました! ぱっと思いつく四字熟語からスタートし、ひきこまれるように、 幸せな人生のための7つの法則 「1 焦点  2 時制 3 愛と愛情の違い 4 夢と希望、目...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/05/07

幸せマネジメント講座 IN 大阪感想(1)「現実は泥臭い」という言葉が身にしみていました。

2月頃から、なんとなく不安・・突然、得体の知れないもの(それが何なのか薄々は感じていた、 というか分かっているけど認めたくなかった)に心をかき乱される・・という状況が続いていたため、 もう一度初心に返って自分を見つめようと「女性のための幸せマネジメント講座」を受講しました。 結局行き着くところは、「状態管理の大切さ」「全ては自分が発信源」だということ。 これまで何度も何度も...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/05/07

言葉の大事さ(信州ベーシック第1講)

研修会はあっという間の2日間でした。 楽しくもあり、頭がいっぱいのパンク状態で、その晩はいろいろ考えて眠れませんでした。 日々生活する中で「あれ、これって講義で聞いたあの事と関係ある…」と思う事がでてきました。 特にRASや無意識についてです。仕事の事だけでなく家庭生活でもです。 自分が少し分かってきた気がします。また、言葉の大事さについても考えるようになりました。 ...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/04/05

たくさん実践してみました(関西ベーシック二期 三講)

第1、2講を踏まえた上で、さらに内容の濃い第3講となりました。 特にワークの中で自分自身の潜在意識が言語となり、気づきの多い時間を過ごせたことに心より感謝いたします。すぐに実践したことを箇条書きに書いてみます。 ①第3講終了後の個人面談 学習時間調査のコメント欄にお題をつけ、進路が決定した生徒も、まだ決まっていない生徒も「今、ここで感じていること、思うこと」を自由に書かせました。...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/04/05

よりよい未来を目指す生徒の姿に感動(ベーシック関西二期)

3ヶ月間、毎月の講座がとっても楽しみでした。 講座はもちろん全国の仲間に会えるのも、毎日の仕事のモチベーションに繋がっていました。 大学も心理系でしたし、カウンセリングや心理学の勉強をずっと続けていましたが、 高校では、どれだけかかわっても単位が切れてしまうと、進路変更を余儀なくされるため、 保健室での対応に限界を感じ、教科「保健」やHR活動での授業をする方が楽しくなってい...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/04/05

霧が晴れたよう(関西アドバンス)

第一講では、理論が全く自分の中におちていない事がよくわかりました。 「なぜ、変化がおこるの?」「つまり、どういうこと?」という先生の問いかけがあって、初めて深く考えることができました。   また、4つのイスでは、人格設定を変えることで、同じ自分なのに見方が全くかわることを再体験し、多くの気づきを得ました。 変に固執していた事もあきらめがつき、本当はしたい事に制限を...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/04/05

はるばる毎月通って受講してよかった

《ベーシック信州2期受講感想》 ベーシック講座3講全てが終了し、「楽しかった」「はるばる毎月通って受講してよかった」という思いで、会場を出ました。   充実感。 ここに来なければ出会わなかった方々から、もらった刺激、気づきの数々。 ワークをする中で、人の迷いや悩みを見聞きしては、「あ、同じだ」「似ているな」、「そうなんだ・・・」、と新しい発見あり、自分を見つ...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/03/28

教育相談活動研修会 IN 奈良  参加者の感想

平成28年3月20日開催の 学校における教育相談活動研修会 IN 奈良の受講者様の感想です。   N.Mさん   養護教諭 今までいくつかの教育相談の講座や研究会に参加してきましたが、自分自身、疑問が残っていました。しかし今日は、理論がとても理解でき、私自身も今までの疑問も(脳科学的な理由もあり)晴れた気がします。「ことば」の大切さも改めて感じたので、来年度の学校保健の取り組み...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/03/26

長野速習講座ご感想☆すっきりしました!

心に残っていることは、まず「保健室は癒しの場ではない。学校に癒しはいらない。保健室も教育の場である」ということ。ドキッとしてちょっとほっとしました。   ときどき 保健室を「こんなところ」呼ばわりする先生や「こんなに大勢きて大変だね」と保健室?を養護教諭の部屋と勘違いしている先生がいて、違和感を感じていました。   私なりに、けができた子にも不定愁訴でく...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/03/26

横浜入門講座ご感想

私の仕事は、小学校の「相談室」で児童の相談にのったりおしゃべりをしたり遊んだりすることなのですが、求められているスタンスは養護教諭以上に「受容と共感」「心に寄り添う傾聴」です。   確かに話を聞いてもらうだけで気が楽になってがんばれる子どもたちもいますが、同じ内容を繰り返し相談に来る子たちが多く「気を楽にしてあげる」だけではその子のためになっていないと思うようになりました。そ...
詳細はこちら

[最終更新日]2016/03/24

TO TOP