HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

自分の状態で、相手に与える力が違うということを体感した!(新潟BC1講感想)

保健室に勤務していて、健康相談する際、生徒への対応はこれでいいのかと不安がありました。

 

本で勉強しても、実際、どのような対応(返答)をしていいのか正解がわからず、

 

正解がわからないからどう動いていいかわからず、

 

普段から「自分はダメだ」と思っていました。(教頭先生にも、自分はダメなんですと言っていました。)

 

しかし、この二日間の研修で意識が変わりました。

 

まず、「ダメだ」と思うのをやめました。

 

自分の意識、自分の状態で、相手に与える力が違うということを体感したからです。

 

保健室コーチングの研修は、ワークで体感することにより、

 

「なるほど!」と、スッと入り込むのでわかりやすかったです。

 

    

 

 

また、自信がないと動けなかったのですが、これは使ってみよう!と思えました。

 

そして、昨日からさっそく活用しています。

 

「学校つまんない。」と毎日のように話す生徒に、楽しい部分を意識させました。

 

また、「学校休みたかったけど、行かなければならないと思って来た。でも、足が進まなくなった。」と、

 

泣きながら登校した生徒に、話を聞いていたところ、言いにくいこともある様子だったため、

 

一番最後にやったワーク(スタジアムビューイング)をしてみました。

すると、すごくスッキリした顔になって教室へ戻りました。

 

この二日間は、自分自身の状態も意識して、良く保てています。

仕事が楽しいと感じています。

 

話すことが苦手なので、受講するか迷いましたが、受講して良かったと思います。

 

1ヶ月、実践を重ね、また来月、新たに学ぶことを楽しみにしています。

 

 

(J先生 新発田市から参加)

TO TOP