HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

今、答えがでなくても相手の潜在意識に必ず響いていると信じ、任せる。

今回もたくさん学んだアドバンスでした。全部終わって、「ビジョンの大切さ」を改めて思いました。自分の人生や保健室経営はもちろん、小さな日常の仕事まであるのとないのとでは、結果も道のりもちがうなと。

 

 

今まで養護教諭として20年ほど経験してきたが、大きな壁もなく、こなしてきた感じです。振り返ってみると、なにも種をまいてなかった、その場しのぎの対応だったり、張りぼての養護教諭だったかもと反省です。姫先生の言葉が痛かったです。

 

 

採用試験も熱い思いもなかったのに、「受かっちゃった」って感じで・・・。なので過去の自分は「養護教諭になったらこんなことしたい」ということが思い出せませんでした。

 

 

でも今の自分はやりたいことがみえてます。これ作ってみよかなとか、保健だよりにこんなこと載せたいとか、こんな風にかかわりたいという姿を感じることができました。

 

 

相手の話を聞き、適切な質問をし、空白をつくる。今、答えがでなくても相手の潜在意識に必ず響いている。と信じる。任す。まだ「どんなワークがいいのか」というほうに目が行ってしまうので、自分の状態管理と相手のペースを観察し、かかわっていきたいです。

 

 

正直、心の底からこの仕事が好きとかこの仕事でよかったと思えてません。これからの実践で自分がどう変わるのか楽しみたいです。

 

 

姫先生からの学びはもちろん、アシスタントの先生方や一緒に学びあった仲間からもたくさん教えてもらいました。客観的にみると「自分にもこういう部分あるな」と思いました。みんなととても深いところでつながっていると感じることができて、心強い仲間がいることに感謝です。

 

 

今まで速習やベーシック、アドバンスと受けてきて体の変化を感じることはなっかたのですが、今回初めて熱が出ました。

 

 

さなぎが蝶になる前の変化やったらいいなとか思いながら、ゆっくり過ごしました。

 

 

いつか蝶になる日を楽しみにして、これからも勉強、実践を続けていきます!

 

 

これからもよろしくお願いします。ありとうございました。

TO TOP