HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

「なんとかしてあげたい。」という思いは、 「なんとかしてほしい。」という自分の声だった(アドバンスコース感想)

保健室コーチングアドバンスコース北陸1期 第2講の感想(6)

 

1 「みんな大好き!」+「みんなありがとう。」を強く宣言する。(原点を忘れない、良い人から逃げない。)

 


2 2月の体重測定後、保健室コーチングで学んでことを取り入れた指導をする。  (ちょっとチャレンジしてみる。)

 

 

不思議ですね、宣言すると心に巣くっている魔物が小さくなります。

 

さらに、子どもたちに何をどのように伝えようか考えていると魔物のことなんか考えている暇もありません。

 

「今を生きる。」の意味がわからずいましたが、これが今を生きることなのかなぁと感じています。

 

第二講で捨てきれなかった「なんとかしてあげたい。」という思いは、

 

「なんとかしてほしい。」という自分の声だったのかなと思います。

 

そして・・・感想を書いて2日が経過しています。送信前にもう一度読み直すと、また、感覚が違っています。

 

「良い自分」とか「魔物」とか書いていますが、

 

どれも自分の一部で良いとか悪者とか判断してはいけませんね。

 

どっちも今の自分をつくっている大事な自分ですね。「今、現在」に集中していると変な妄想は起きませんね。

 

しかも自然に「ありがとう。」の思いがわいてくることがあります。

 

「わくわく、楽しみだな。」という気持ちがわいてくることもあります。

 

2日前に決めた宣言を「みんな大好き!」+「みんなありがとう。」+「今、現在に集中」にします。(Kさん)

TO TOP