HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

脳の仕組みについて、新しい学びがあったことはとても大きかった【速習コース感想】

二日間、本当に楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 

毛利先生はじめ、諸先生方、受講生の皆様に深く感謝しています。

 

ありがとうございました。

 

今回、私は、保健室コーチングとはほどのようなものか、

 

教材がどのようなもので、どう使うか、

 

という大きな興味があり、受講したのですが、

 

もう一つ、

 

脳科学(NLP)の部分にも大変興味を持っていました。

 

脳の仕組みについて、新しい学びがあったことは、とても大きかったです。

 

 

昨日の最後の感想のシェアの時間には、思いつかなかったのですが、

 

一つ気付いたことを、

 

一つの感想として読んでいただければ、と思います。

 

 

コーチング としてのアプローチの仕方についての紹介で、

 

悪い例として「ロッテンマイヤー」さんが出て来ましたが、

 

本当にぴったりで、惹きつけられました。

 

 

ただ、ずっとロッテンマイヤーさんが残ってしまい、

 

ロッテンマイヤーさんではダメ、と思えば思うほど、彼女になってしまうという、

 

わかっちゃいるけど、子供に辛く当たってしまうお母さんのまま、

 

という構図(脳の仕組みとして)になっていたのでは、と思いました。

 

 

何人かの受講生の方からも同様の印象を聞きました。

 

V傾向の方は、特にそうかも?

 

脳科学的には、コーチングアプローチでは、

 

例えば、

 

「クララのおばあちゃん」のようなキャラクターをバーンと出して、

その印象で持ち帰ってもらったほうがよかったのでは ?

 

と、今日になって思いました。

 

 

二日間の講座で、まだまだ知らないことばかりなのだとは思います。

 

生意気な感想で申し訳ありません。

 

 

しかしながら、私の中では120%エキサイトする時間でした。

 

 

毛利先生や、他の先生方の熱い思いもビンビンと伝わって来ました。

 

 

本当に素晴らしい時間を、ありがとうございました。

 

暑い日が続く中、あちらへこちらへと移動されていらっしゃいますね。

どうぞ、お身体にお気を付け下さい。

 

また、お会いできる日があれば、嬉しく思います!

TO TOP