HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

講義を受ける度に前向きに進んでいく妻の姿に大変興味をもち、受講しました!【ベーシックコース感想】

     

 

 

保健室コーチングを受けてみようと思ったのは、妻が以前受講したのがきっかけです。

 

講義を受ける度に前向きに進んでいく妻の姿に大変興味をもちました。

 

そして、京都での若手育成コーチングに参加させていただき、自分自身も更に深めていきたいという思いから、

 

今回ベーシックに受講することになりました。

 

今回2日間の研修を終えて、

 

子どももしくは大人が前向きに生きる力につながっている内容だと思いました。

 

「保健室コーチング」という名前ですが、

 

保健室だけでなく生徒指導にも大きく活動できる内容だったと思います。

 

どの内容も大切なことですが、一番印象に残ったのが、意識の焦点化についてです。

 

常に意識は一つであり、欠点ばかり見ていると、その他の良さが見えなくなるということでした。

 

 

逆にいいところにスポットライトを当てることで、子どもたちの良さが見つかり、生きる力につながると思います。

 

特に、自分が勤務している特別支援学校の生徒は、できないことが多く、自分に自信がもてない子どもが多いです。

 

この子たちに対して自分の良さに焦点を当て、互いの良さを見つける活動を仕組むことで、子どもたちの自己肯定感が高まると思っています。

 

早速、現場に帰って実践しようと考えています。

 

どのような結果になるかは、次回お話しできたらと思います。

 

 

 

TO TOP