HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

速習の時とは、けた違いの発見の連続でした!【ベーシック感想】

【保健室コーチングベーシックコース九州1期第1講感想 N先生】

 

 

 

2年近く前に速習を受け、

 

今まで自分が感じていた「養護教諭とはこうあらねばならない」

という思い込みを覆されました。

 

それから、速習で学んだことや桑原先生のメルマガで感じたことを

実践に生かそうとしてきました。

 

でも、なかなかしっくりいかず、もっとしっかり学びたいと思っていたところに

九州でのベーシックコースが開催されることを知って、思い切って受講しました。

 

緊張とワクワク感を感じながら望みましたが、

「すごい!」「面白い!」「なるほど!」という発見の連続でした。

 

一番の発見は、

「自分の想いが発信源となってそれが相手に伝わっている」ということです。

速習でも学んだので「大丈夫!」という想いで職場でも家でも子どもたちに接していたつもりでした。

 

今回それをワークで体験したとき、今までは「大丈夫!」と思っていればいいんだ、

と、自分に言い聞かせようとしていただけで、

心から「大丈夫!」とは思えていなかった、ということに気づきました。

 

そして不思議なことに、ワークを体験したあとは自然と「大丈夫!」と思える自分になっていました。

 

最近、学校ではニコニコと人当たり良く過ごしているけど、

家に帰ると子どもとは宿題やテレビのことでケンカしてばかり、気の効かない夫にはイライラしてばかりで、

学校と家でのギャップに悩んでいました。

 

この一週間、毎朝鏡に向かって

「私は大丈夫!子どもたちも夫も大丈夫!みんな大丈夫!」

と言い続けました。

 

すると、今まであんなにイライラばかりしていたことが嘘みたいに、あまりイライラを感じなくなっています。

 

「自分の状態を管理すると、相手に対する自分の想いが変わり、それが相手に伝わって相手の反応も変わる」

ということを強く実感した一週間でした。

 

それともうひとつ、これからの自分の人生のテーマを持つことができました。

 

「しなやかに生きる!!」

 

自分自身がしなやかに生きることで、自分に関わる人にもしなやかに生きて欲しい。

 

これをテーマにしようと決めたら、自分の中にまだ細いけど「軸」ができた気がします。

この「軸」をもっと太く、でもしなやかな「軸」にするために、また来月もベーシックで学ぼうと思います。

 

 

 

 

TO TOP