HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

一番の気づきは自分を止めている「想い」「本音」でした。【ベーシック感想】

【保健室コーチングベーシックコース九州1期第1講感想 K先生】

 

 

ずっと受けたかったベーシックコースをやっと受講できてハッピーでした。

 

速習を受けてから一年半ほど経っていたので、

 

「あっ、これ速習で習ったな」と気づいて、

少しずつ思い出しながら受けていました。

 

 

一番の気づきは自分のことば、想い、本音が自分を止めていたことです。

 

私は
「私は○○できない」「○○な私はだめだ」「○○がわからない」「○○はしなければならない」

 

「○○はこうあるべきだ」「自信がない」等と

 

自分で言っていましたし、

 

無意識に想って、「ダメだダメだ」「しなきゃしなきゃ」と勝手に焦っていました。

 

また、
何か言われるのがいやだけど、言う」
しなくちゃいけないから、いやだけど、する」等

 

不用意な前提をしていることに気づきました。

 

母にもよく「~しないといけないけど、…」と言っている、
と指摘されました。

 

行動が遅くなってしまう原因はそこにあったのだと気づきました。

 

そして、多くの先生に指導していただくたびに、
「○○先生が嫌い」と思い、「学校が嫌い」になっていました。

 

知らないうちに一般化していたのだと気づきました。

 

極めつけは、今年度の教員採用試験のことです。

 

結果は散々で昨年度より悪かったです。

原因は私の想い、ことばにありました。

 

私は養護教諭としての力量がない」「勉強していない」

 

自分が受かったらおかしい」「無理」等と

 

自分を否定するようなことばかり思っていたから、

 

不合格だったのだと気づきました。

 

自分で自分を信じられなかったのです。

 

第1講を終えて、多くのことに気づきました。

 

それゆえ「養護教諭やる」「来年度の夏の教員採用試験は受かる」
強く想うことができました。

 

一ヶ月間の目標は、「マイナスな発言や自分の中で出てくることばを

 

『○○はできる』というプラスことばに変える」

 

「『大丈夫』『可能性がある』
と信じて保健室にいる」の2つです。

 

シンプルにやると決めて取り組みます。

 

人間理解のために必要な自己理解を深め、自分の本当にほしいものを見つけます。

 

TO TOP